自分軸を磨くために

発展途上国に行って知る

投稿日:2017年3月22日 更新日:

If you can dream it, you can do it.
「夢見ることができれば、それは実現できる」
(ウォルト・ディズニー)

僕はあまりテレビ番組を見ない分
映画が好きで、その世界に憧れることがあります。

以前、僕が見た映画
「僕たちは世界を変えることができない」
http://www.boku-seka.com

これをみて、
僕はカンボジアに行きたいと思いました。

アンコール・ワットは世界的な
観光地になっており
観光旅行としても素晴らしいものでした。

そして、カンボジアの過去抱える問題に
触れさせていただきました。

参加したのは、スタディツアーであったし
僕たちは「非日常」として
見学に来たに過ぎない、一旅行客でした。

そこで感じたのは
「子供の純粋さ」
でした。

どこに行っても子供は純粋で
無邪気で笑顔で
余計な言葉なんかいらない。

大人になったときの夢は
先生とかお医者さんとか様々でしたが
そこには
「まわりの人を助けたい」
「家族を助けたい」

そんな想いを感じました。

日本という国が、先進国と呼ばれ
便利になればなるほど
見えなくなっていく、その「純粋な想い」

海外に行って初めて、そのことを肌で感じました。

子供の頃の純粋な気持ちに戻って
自分の心に聴いてみてください。

「あなたの夢は何ですか?」

******************************************************
やりたいことをやって、どんどん夢を叶えていきませんか?
あなたと一緒に自分軸の人生の扉へ導きます☆

【自分軸を身につけキラキラした自分の人生を送る】
第二回 ~感情・無意識編~
4月16日(日)13:00ー17:00 限定8名

https://www.facebook.com/events/662123537304473/?ti=cl 

講座を申込する前に詳細をご確認ください。
*******************************************************

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

目標にたどり着くために

「我々の計画というのは、目標が定かでないから失敗に終わるのだ。どの港へ向かうのかを知らぬ者にとっては、いかなる風も順風たり得ない」 (セネカ:古代ローマの政治家、哲学者) 僕はかなりの方向音痴です。 …

頭が凝り固まったときは

「いやな感情で頭がいっぱいのとき、何も考えないで窓をみがいたり、スポーツに熱中したり、好きな食べ物を食べたり、肉体労働をしたりしてごらんなさい。頭の中がすっきりしてきます」(ジョセフ・マーフィー)   …

問題をすり抜ける

僕は以前、なにか問題が起こるたびに、その問題を一つ一つクリアをしなければ次に進めない、そのように考えていました。   でもある方に教えていただきました。   「問題は全て解決する必要はない」 次のステ …

相手になかなか伝わらないときは

「理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう」(瀬戸内寂聴) 「何度も言っているのに」相手がピンときていない。どうすれば伝わるのだろう・・・ そんな時は …

あなたの才能と特性

「今あなたが持っているものに感謝すれば、もっと多くのものを手にすることができるでしょう。もし、あなたが持っていないものを気にしすぎたら、決して満足は得られないわ」(オプラ・ウィンフリー) オプラ・ウィ …