自分軸を磨くために

目的地への旅

投稿日:2017年3月30日 更新日:

「希望に満ちて旅行することは、目的地にたどり着くことより良いことである」
(スティーヴンソン:英国の小説家)

人が列車に乗る時は、必ず目的地がある。
でも、人生という列車には「目的地」が分からず
乗っている人が多くいる。

「はじめから目的地を分かっている人などいない」
そうかもしれません。

旅すること自体が目的となった現代は、
列車に乗るのも様々な理由があるのかもしれません。

人との出会いを楽しむため
大切な人と一緒に過ごすため
美味しい食事と景色を味わうため
予想しない出来事を期待して
途中下車して、旅路を楽しむため
自分探しのため
心を休めるため
心をワクワクさせるため
自分を成長させるため
100年前、多くの人々は自分の人生を選ぶことは
できなかったかもしれない。

与えられた環境を必死に生きる事しか
できなかったかもしれない。

でも今の時代は生き方を自分で選べる。

こんな恵まれた時代だからこそ
まわりの人の行先や行動に惑わされず
「自分の目的地」を見つけたいものです。

途中で変わってもいい。
だからまず、行先を決めてみるといいかもしれません。

「あなたは今、どこへ向かいたいですか?」

************************************************
【自分軸を身につけキラキラした自分の人生を送る】講座
第二回~感情・無意識編~ 4月16日(日)13:00ー17:00
https://www.facebook.com/events/662123537304473/?ti=cl
0期生の今だけ特別価格にてご案内中!
毎回独立した完結型ですので、この機会にぜひお申し込みください。
************************************************

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

体と会話する感覚

僕は、中学・高校はサッカー、大学ではアウトドアの部活に所属していたので、もともと運動は好きだったのですが   社会人になってからは、朝から晩まで働いて、休日も仕事が増えていき、   運動をしなくなり、 …

ながら聴きを活用する

この本はいいと思って買ったはいいけれど、結局最後まで読みきれずに、「積ん読」状態になっている。 気がついたらそんな本が何冊も・・・   そんなことを解消するひとつの方法として、僕はオーディオブックを活 …

ニュートラル

毎日が忙しくて、やることがたくさんあって息つく暇もない・・ そのまま疲れ果てて夜は倒れ込むように寝る。 そして朝はギリギリに起きて大急ぎで出発する。   そんな生活ばかりしていた、昔の僕は身も心も疲れ …

信頼する人は誰か

「良い選手がいるから良いチームを持つわけじゃない。エゴイズム、嫉妬、個人主義といったものが良いチームを形成する際の問題となる。素晴らしい選手を持つ意味合いは熟知しているが、私にはチームスピリットが最も …

頭が凝り固まったときは

「いやな感情で頭がいっぱいのとき、何も考えないで窓をみがいたり、スポーツに熱中したり、好きな食べ物を食べたり、肉体労働をしたりしてごらんなさい。頭の中がすっきりしてきます」(ジョセフ・マーフィー)   …