自分軸を磨くために

目的地への旅

投稿日:2017年3月30日 更新日:

「希望に満ちて旅行することは、目的地にたどり着くことより良いことである」
(スティーヴンソン:英国の小説家)

人が列車に乗る時は、必ず目的地がある。
でも、人生という列車には「目的地」が分からず
乗っている人が多くいる。

「はじめから目的地を分かっている人などいない」
そうかもしれません。

旅すること自体が目的となった現代は、
列車に乗るのも様々な理由があるのかもしれません。

人との出会いを楽しむため
大切な人と一緒に過ごすため
美味しい食事と景色を味わうため
予想しない出来事を期待して
途中下車して、旅路を楽しむため
自分探しのため
心を休めるため
心をワクワクさせるため
自分を成長させるため
100年前、多くの人々は自分の人生を選ぶことは
できなかったかもしれない。

与えられた環境を必死に生きる事しか
できなかったかもしれない。

でも今の時代は生き方を自分で選べる。

こんな恵まれた時代だからこそ
まわりの人の行先や行動に惑わされず
「自分の目的地」を見つけたいものです。

途中で変わってもいい。
だからまず、行先を決めてみるといいかもしれません。

「あなたは今、どこへ向かいたいですか?」

************************************************
【自分軸を身につけキラキラした自分の人生を送る】講座
第二回~感情・無意識編~ 4月16日(日)13:00ー17:00
https://www.facebook.com/events/662123537304473/?ti=cl
0期生の今だけ特別価格にてご案内中!
毎回独立した完結型ですので、この機会にぜひお申し込みください。
************************************************

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

相手になかなか伝わらないときは

「理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう」(瀬戸内寂聴) 「何度も言っているのに」相手がピンときていない。どうすれば伝わるのだろう・・・ そんな時は …

目標にたどり着くために

「我々の計画というのは、目標が定かでないから失敗に終わるのだ。どの港へ向かうのかを知らぬ者にとっては、いかなる風も順風たり得ない」 (セネカ:古代ローマの政治家、哲学者) 僕はかなりの方向音痴です。 …

計測を習慣にする

自分の状態を客観的に知るためには、数字化しておくことがひとつ方法としてあります。   毎日体重計に乗る、というのもそうです。   スマホのアプリを活用すると、簡単に計測や記録が出来て便利なものがります …

すぐやる

これは僕が、ある成功者から教えてもらったことです。   いろいろなアドバイスや良い情報をもらって 「ありがとうございます」「やってみます」と言っておいて、なかなかやらない人が多い。   そんな話を聞き …

苦手は人のためになる

僕はかなりの方向音痴です。駅から徒歩3分と案内があっても初めての場所はほぼ100%迷って10分以上かかります。   だから僕は自分の講座の会場案内をする時は、なるべく最寄り駅からの実際のアングルを写真 …