自分軸を磨くために

ゴキゲンな自分になる

投稿日:2017年3月14日 更新日:

「人の機嫌をとる」という言葉があります。

身近な家族や同僚、友達が
「不機嫌」や「ご機嫌が斜め」のとき
その人をなだめたり、元気づけたり、笑わせたり
ご機嫌をあげていく工夫をするかと思います。

「不機嫌だから近寄らない」
「しばらく放っておく」
そんな場合もあります。

でも、自分が「不機嫌」のときに
それをどうするか、いわゆる
「自分の“ゴキゲン”のレシピ」を
作っていない方が結構います。

人の機嫌ばかりうかがうよりも、自分の心を整える。
気分が乗らないとき、イライラするとき、落ち込んでいるとき
元気がでないとき、頭がモヤモヤするとき
そんな自分に気づいたら、意識的に
自分のゴキゲンがとれるといいですよね。

具体的な方法は、その人の好みによりますが
基本的には「行動をする」のが大切です。

例えば
・なりたい気分に合わせた音楽を聴く
(リラックス、楽しい、エキサイティングなど)
・外に出て散歩、運動をする
・誰か人に会いに行く
・掃除をする(スッキリします)
・普段、行かない所へ行き非日常を味わう
(イベント、集まりなど)
・行きたかった美味しいレストランで食事をする
・ゆったり、のんびり時間を過ごす

「私はどんなときにゴキゲンなのかな?」
それを自分のなかで、思い出してレシピにする。

「今日は意識的に自分のゴキゲン時間をとろう」
そうやって行動していくと
日々の仕事や家事も楽しいものに変わってきます。

自分なりのレシピは何か、
ぜひ考えて楽しんでやってみてください♪

(写真は、昨年訪れた沖縄、石垣島の様子。穏やかな時間の流れの中でゴキゲンなひと時を楽しみました☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

行動するときの心構え

「途中で意味を考えない。山に登る意味を考えていいのは登り切った人か、途中であきらめて降りた人だけ」 (所ジョージ) 僕が以前、考えすぎてなかなか行動に移せないときは 「まずやってみる」「やりながら考え …

要するに・・・

営業企画、マーケティング職で10年以上仕事をしていた僕は、以前ある一般消費財の商品化に携わっていたことがあります。    新商品を開発するのはとても労力、時間のかかる仕事です。 その基本的な方法として …

簡単なアウトプットの方法

「ぼくは天才ではありません。なぜかというと、自分がどうしてヒットを打てるかを説明できるからです」(イチロー) 「アウトプットする」大事さは 最近よく聴く話だと思います。 インプットしたことを人に伝えよ …

異空間のティータイム

今日は、恵比寿にあるウェスティンホテルにてアフタヌーンティーをいただきながら、シェア会を行いました。    異空間でのティータイムは、会話もはずみ、あっという間の2時間でした♪    夜のお酒を飲みな …

自分の性格を生かす

「自分を隠さない。気が弱いんだったら弱いまま。興奮しすぎるんだったらしすぎるまま。短所はない特徴だけがある。特徴をすんなりと生かした選手がグラウンドで輝く」 (為末大:陸上選手)   日常、どんな「言 …