自分軸を磨くために

ゴキゲンな自分になる

投稿日:2017年3月14日 更新日:

「人の機嫌をとる」という言葉があります。

身近な家族や同僚、友達が
「不機嫌」や「ご機嫌が斜め」のとき
その人をなだめたり、元気づけたり、笑わせたり
ご機嫌をあげていく工夫をするかと思います。

「不機嫌だから近寄らない」
「しばらく放っておく」
そんな場合もあります。

でも、自分が「不機嫌」のときに
それをどうするか、いわゆる
「自分の“ゴキゲン”のレシピ」を
作っていない方が結構います。

人の機嫌ばかりうかがうよりも、自分の心を整える。
気分が乗らないとき、イライラするとき、落ち込んでいるとき
元気がでないとき、頭がモヤモヤするとき
そんな自分に気づいたら、意識的に
自分のゴキゲンがとれるといいですよね。

具体的な方法は、その人の好みによりますが
基本的には「行動をする」のが大切です。

例えば
・なりたい気分に合わせた音楽を聴く
(リラックス、楽しい、エキサイティングなど)
・外に出て散歩、運動をする
・誰か人に会いに行く
・掃除をする(スッキリします)
・普段、行かない所へ行き非日常を味わう
(イベント、集まりなど)
・行きたかった美味しいレストランで食事をする
・ゆったり、のんびり時間を過ごす

「私はどんなときにゴキゲンなのかな?」
それを自分のなかで、思い出してレシピにする。

「今日は意識的に自分のゴキゲン時間をとろう」
そうやって行動していくと
日々の仕事や家事も楽しいものに変わってきます。

自分なりのレシピは何か、
ぜひ考えて楽しんでやってみてください♪

(写真は、昨年訪れた沖縄、石垣島の様子。穏やかな時間の流れの中でゴキゲンなひと時を楽しみました☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

計測を習慣にする

自分の状態を客観的に知るためには、数字化しておくことがひとつ方法としてあります。   毎日体重計に乗る、というのもそうです。   スマホのアプリを活用すると、簡単に計測や記録が出来て便利なものがります …

自分の体で感じてみる

今日で4月も終わりなので近くの神社にお礼参りに行ってきました。   僕がお礼参りを始めてからもう2年が経ちます。   実際に手を合わせてお祈りする時間は数分間ですけれど、   その間に1ヶ月にあったこ …

相手の嫌いな所

「人付き合いがうまいというのは、人を許せるということだ」(ロバート・フロスト:米国の詩人) 『相手の嫌いな所は、自分の嫌いな所』 僕は以前、これを知ったとき、「そんな馬鹿な!」とすぐには納得できません …

自然の偉大さを知る

「人生はいたって単純。競争なんて本当は存在しないし、勝たなきゃいけないレースもない」 (スーザン・サマーズ:米国の女優、作家) 僕は以前、人間関係や仕事、趣味など色々なことに頑張りすぎて、 自分の気持 …

目的地への旅

「希望に満ちて旅行することは、目的地にたどり着くことより良いことである」 (スティーヴンソン:英国の小説家) 人が列車に乗る時は、必ず目的地がある。 でも、人生という列車には「目的地」が分からず 乗っ …