自分軸を磨くために

ゴキゲンな自分になる

投稿日:2017年3月14日 更新日:

「人の機嫌をとる」という言葉があります。

身近な家族や同僚、友達が
「不機嫌」や「ご機嫌が斜め」のとき
その人をなだめたり、元気づけたり、笑わせたり
ご機嫌をあげていく工夫をするかと思います。

「不機嫌だから近寄らない」
「しばらく放っておく」
そんな場合もあります。

でも、自分が「不機嫌」のときに
それをどうするか、いわゆる
「自分の“ゴキゲン”のレシピ」を
作っていない方が結構います。

人の機嫌ばかりうかがうよりも、自分の心を整える。
気分が乗らないとき、イライラするとき、落ち込んでいるとき
元気がでないとき、頭がモヤモヤするとき
そんな自分に気づいたら、意識的に
自分のゴキゲンがとれるといいですよね。

具体的な方法は、その人の好みによりますが
基本的には「行動をする」のが大切です。

例えば
・なりたい気分に合わせた音楽を聴く
(リラックス、楽しい、エキサイティングなど)
・外に出て散歩、運動をする
・誰か人に会いに行く
・掃除をする(スッキリします)
・普段、行かない所へ行き非日常を味わう
(イベント、集まりなど)
・行きたかった美味しいレストランで食事をする
・ゆったり、のんびり時間を過ごす

「私はどんなときにゴキゲンなのかな?」
それを自分のなかで、思い出してレシピにする。

「今日は意識的に自分のゴキゲン時間をとろう」
そうやって行動していくと
日々の仕事や家事も楽しいものに変わってきます。

自分なりのレシピは何か、
ぜひ考えて楽しんでやってみてください♪

(写真は、昨年訪れた沖縄、石垣島の様子。穏やかな時間の流れの中でゴキゲンなひと時を楽しみました☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ながら聴きを活用する

この本はいいと思って買ったはいいけれど、結局最後まで読みきれずに、「積ん読」状態になっている。 気がついたらそんな本が何冊も・・・   そんなことを解消するひとつの方法として、僕はオーディオブックを活 …

自分の欠点を受け入れる

「わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです」 (オードリー・ヘップバーン)   「ローマの休日」で知られる英国の名女優 …

「常識」とは何か〜Everyone Knows?〜

僕が昨年、オーストラリアのゴールドコーストに訪れた時 電車やバスの中で、携帯電話で会話する人を何度も見かけました。 最初は、ちょっと違和感を感じたんですが 何の悪びれもせず会話する人を何度も見かけて …

できない理由を出し尽くす

「できない理由ばかり言うな」 「言い訳ばかりして!」 「どうすればできるかを考えなさい」 「できるできないより、やるかやらないか」   そんな話をよく耳にするので、「できない理由」は良くないこととして …

ありがとうの力

「ありがとう」と言う方は何気なくても、言われる方はうれしい、「ありがとう」これをもっと素直に言い合おう。(松下幸之助)   僕は以前、人に何かを頼むのが苦手で、何でも自分でやろうとしていました。   …