自分軸を磨くために

共に成長していくもの

投稿日:2017年5月8日 更新日:

ゴールデンウィークも後半になりました。そして来週、5月14日は母の日です。
僕が実家を出てもう10年以上経ちました。それ以来、父の日、母の日にはプレゼントを送るくるようになりました。
 
実家を出た時に自然と何か送りたい、と言う気持ちになりました。
 
そして、5年ほど前から更に手紙を添えて送るようになりました
 
なかなか面と向かっては言えないこと、長々と話ができないこと。
それを手紙の中に自分の想いを書いて送っています。
 
母は以前よく僕に対して「申し訳ない、申し訳ない」と口にしていました。
 
昔はみんなそうなのかもしれないですが、父親が子供を褒めない、勉強に対して厳しいことばかり言う。
 
その中で結果を出せない自分にとても劣等感を感じて、落ち込んでることが多かった10代でした。
 
そんな僕を見て、もしかしたら母は何か「申し訳ない」と言う気持ちを持っていたのかもしれません。
 
「僕を産んでくれて、育ててくれてありがとう」
その気持ちを素直に手紙に書きました。
 
20代、30代で子供を産んで、親だってまだ未熟。親だって子供と一緒に成長する。 
 
あの時、こうしておけばよかった、と思うこともあるかもしれないけれど、誰しも完璧な親になんてなれない。
 
「申し訳ないことなんてないよ」
それを伝えた時、母親は涙を流して喜んでいました。
 
それ以来、母親は「申し訳ない」と言うことがほぼ無くなりました。
 
今年もまた母の日に向けて手紙を書いています。
もう”モノ”に対する欲がほとんどない母親は、何を送るかいつも迷ってしまいますが、
 
「一番の宝物」と以前言われた手紙、それは心を込めて今年も送ります。
 
親であれ、子供であれ、「こうしなければならない」というものはそんなに無いんじゃないかと僕は思います。
 
家族も仲間もみんなお互いの関係で成り立っている。
この形がベストなんてない。
 
お互いに関わり合って、
「共に成長していくもの」
お互いに調律していくものだと思います。
 
だから今、もし過去からお礼を伝えてなかったな、思う人がいたら
 
手紙でもいい、電話でもいい、メールでも何でもいいから思い切って「ありがとう」を伝えてみる。
 
 
そうすると過去から積み重なった関係性が変わり、過去の出来事すらも微笑ましいものに変わっていくかもしれません☆
 
(写真は4年前に母に書いた手紙と、今年送る手紙。感謝は伝える側もとても嬉しい気持ちになります☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

目標にたどり着くために

「我々の計画というのは、目標が定かでないから失敗に終わるのだ。どの港へ向かうのかを知らぬ者にとっては、いかなる風も順風たり得ない」 (セネカ:古代ローマの政治家、哲学者) 僕はかなりの方向音痴です。 …

自分のために、やりたいことをやる

「闘うのはあくまで自分のため、家族のためです。会社員の方だって同じじゃないですか。会社のために働けなんていわれても力が出ないでしょう」 (魔裟斗:キックボクシング選手) 僕は以前、「楽しむ=遊ぶ=いけ …

できない理由を出し尽くす

「できない理由ばかり言うな」 「言い訳ばかりして!」 「どうすればできるかを考えなさい」 「できるできないより、やるかやらないか」   そんな話をよく耳にするので、「できない理由」は良くないこととして …

体と会話する感覚

僕は、中学・高校はサッカー、大学ではアウトドアの部活に所属していたので、もともと運動は好きだったのですが   社会人になってからは、朝から晩まで働いて、休日も仕事が増えていき、   運動をしなくなり、 …

インスピレーション

データ分析やマーケティングリサーチなど、 数字、理論の世界で10年以上過ごしてきた僕は どうしても左脳で物事を考えてしまいがちです。    でも僕が過去に大きな変化や嬉しい、 ワクワクした経験を考えて …