自分軸を磨くために

共に成長していくもの

投稿日:2017年5月8日 更新日:

ゴールデンウィークも後半になりました。そして来週、5月14日は母の日です。
僕が実家を出てもう10年以上経ちました。それ以来、父の日、母の日にはプレゼントを送るくるようになりました。
 
実家を出た時に自然と何か送りたい、と言う気持ちになりました。
 
そして、5年ほど前から更に手紙を添えて送るようになりました
 
なかなか面と向かっては言えないこと、長々と話ができないこと。
それを手紙の中に自分の想いを書いて送っています。
 
母は以前よく僕に対して「申し訳ない、申し訳ない」と口にしていました。
 
昔はみんなそうなのかもしれないですが、父親が子供を褒めない、勉強に対して厳しいことばかり言う。
 
その中で結果を出せない自分にとても劣等感を感じて、落ち込んでることが多かった10代でした。
 
そんな僕を見て、もしかしたら母は何か「申し訳ない」と言う気持ちを持っていたのかもしれません。
 
「僕を産んでくれて、育ててくれてありがとう」
その気持ちを素直に手紙に書きました。
 
20代、30代で子供を産んで、親だってまだ未熟。親だって子供と一緒に成長する。 
 
あの時、こうしておけばよかった、と思うこともあるかもしれないけれど、誰しも完璧な親になんてなれない。
 
「申し訳ないことなんてないよ」
それを伝えた時、母親は涙を流して喜んでいました。
 
それ以来、母親は「申し訳ない」と言うことがほぼ無くなりました。
 
今年もまた母の日に向けて手紙を書いています。
もう”モノ”に対する欲がほとんどない母親は、何を送るかいつも迷ってしまいますが、
 
「一番の宝物」と以前言われた手紙、それは心を込めて今年も送ります。
 
親であれ、子供であれ、「こうしなければならない」というものはそんなに無いんじゃないかと僕は思います。
 
家族も仲間もみんなお互いの関係で成り立っている。
この形がベストなんてない。
 
お互いに関わり合って、
「共に成長していくもの」
お互いに調律していくものだと思います。
 
だから今、もし過去からお礼を伝えてなかったな、思う人がいたら
 
手紙でもいい、電話でもいい、メールでも何でもいいから思い切って「ありがとう」を伝えてみる。
 
 
そうすると過去から積み重なった関係性が変わり、過去の出来事すらも微笑ましいものに変わっていくかもしれません☆
 
(写真は4年前に母に書いた手紙と、今年送る手紙。感謝は伝える側もとても嬉しい気持ちになります☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

感情の扱い方

怒り、悲しみ、楽しい、嬉しいなどの感情は 「あなたが、無意識に選んでいる」 そして 「意識的に、その感情を変えることができる」 というのはご存知でしょうか? 僕も以前は、自分の「感情」を変えるなんて …

湾岸の絶景を楽しむランニング

今日は、お台場で朝ラン&ブランチ会を開催しました。   急遽の開催にも関わらず、ランナーズマイスター資格をお持ちの米田進さんも来ていただき   お台場の景気を楽しみながら、ランニングをしました♪   …

ワクワクする人生はどう生み出すか

「幸福な人生を阻む大敵は外にあるのではなく、内にある。すなわち、あなたの心の中に潜んでいる」 (ウィリアム・ジェームズ) 僕は10年以上前、20代の頃はとにかくダメダメな私生活を送っていました。「人生 …

ありのままで生きる

「わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです」(オードリー・ヘップバーン) 「ローマの休日」で知られる英国の名女優 オード …

とりあえず調べてみる

何かをやろうと考えても 「そんな簡単にできるわけない」 そういう風に勝手に思い込んで、 調べる前に諦めてしまう・・・   でも調べてみると意外と近くで、 意外と低価格でできたりする。   そんな風に、 …