自分軸を磨くために

相手の嫌いな所

投稿日:2017年4月22日 更新日:

「人付き合いがうまいというのは、人を許せるということだ」(ロバート・フロスト:米国の詩人)

『相手の嫌いな所は、自分の嫌いな所』

僕は以前、これを知ったとき、「そんな馬鹿な!」とすぐには納得できませんでした。

僕が嫌いな相手の特徴は、
「わがままで自己中心、自分勝手」
「感情の起伏が激しい」
「自分の話ばかりする」
でした。

そういう態度をとる相手に対して、強烈な嫌悪感を抱いていました。

でも、その話をまわりの仲間にすると
「そうかな、私はそんな風には思わないけどね」と言われることもありました。

まわりも皆そう感じている訳ではない、これは自分の中の問題なのかも・・そう気づきました。

そして、自分と向き合ううちに、それは「自分の中で禁止していること」、やってしまったら「罪悪感を感じること」だと気づきました。

相手の嫌いな部分は、自分が抑圧していたこと

「自分の意見を言う、自己主張する」
「感情を表に出す」
「自分のやりたいようにする」
「自分の話をする」

だったことに気が付きました。

「自分の中の嫌な部分、否定、禁止、抑圧している部分」を心理学用語で「シャドウ(影)」といいます。

心理学者カール・ユングが、自分の嫌な部分が相手の嫌な部分として「投影=鏡のように映し出される」ことを発見しました。

自分がやりたいのに禁じていることは、相手をうらやましく思って嫌な気持ちになるのです。

だから、「相手の問題に見えたことが、実は自分の問題だった」のです。

自分らしく、自分のやりたいように生きる。
自分の気持ちを素直に伝える。嫌なことは嫌と言う。

それを抑圧することが結局、自分を苦しめていたことに気づきました。
だから、自分に「自分のやりたいことをやっていい」と許可を出しました。

そうやって、「自分で自分を縛っていたルール」を手放して心を解放していきました。

だからもし、あなたがまわりに沢山嫌いな人がいたり
自分の行動が変えられない、苦しみやモヤモヤを感じているなら

あなたが「してはいけない」と思っているルールを破ってみる。
「別にしたっていいんだよ」と許可を出してみる。

やってみると、自分を縛っていたのは自分だけで、
まわりはそれほど気にしていない、という出来事が起こってきます。

あなたが今、もっと自分らしく生きたいと思うなら問いかけてみてください。

「私が、日常でイラッとする裏には、どんなルールがあるのだろう?」

(写真は、昨年ウェットスーツを初めて着たときのもの。鏡に映った自分を自撮りしました☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

人間万事塞翁が馬

僕の父は70代半ばですが、鹿児島県生まれで、いわゆる亭主関白。そんな家庭で僕は育ちました。 いつも口数が少なくて、口を開いても厳しいことばかり。子供にとっては近寄りがたい存在でした。 父とはまともに人 …

体と会話する感覚

僕は、中学・高校はサッカー、大学ではアウトドアの部活に所属していたので、もともと運動は好きだったのですが   社会人になってからは、朝から晩まで働いて、休日も仕事が増えていき、   運動をしなくなり、 …

日常の無意識から変えていく

「できること」が増えるより、「楽しめること」が増えるのが、いい人生。(斎藤茂太:随筆家) 「潜在意識」の存在について、多くの書籍が出ていて、その大切さは多くの人が知っていることかと思います。 でも結局 …

ネガティブな感情との付き合い方

「すべてをポジティブに捉える必要はありません。落ち込むときはとことん落ち込めばいいし、気持ちが下がるところまで下がったらあとは上がるだけなので、もがいて、苦しんだほうが壁を乗り越えられるはずです。自分 …

絶対にゆずれないもの

僕は過去、5回ほど引っ越しをしていますが、20代、30代のときはなかなか部屋選びが上手くできませんでした。   なんとなく家賃いくらで、これぐらいの広さでと考えていたら、 いざ物件を見に行ってみると、 …