自分軸を磨くために

人生を楽しむ心

投稿日:2017年3月11日 更新日:

「何より大事なのは、人生を楽しむこと。幸せを感じること、それだけです」
(オードリー・ヘップバーン)

もう何年も前、あるミリオネアの方と話をしたことがあります。

「自分はこれから何をしたいのか、分からなくなった」
そう相談しました。

そのときに言われたこと(英語だったので通訳付きで)

「あなたはもうすでに成功していますよ、こうやって十分な収入を得て、こうして立派に過ごしているではないですか」

「そんなに焦らずに、まず過去やってきたことに捉われず、自分が純粋に”楽しい”と思えることをやってみなさい」

そう、そのとき僕は焦っていました。

どうにか過去にしてきたこと、努力して積み上げたことを生かそうとしていました。
でも、大切なのは「楽しむ」心。

人生において「損得」や「効率」ばかり考えて生きるのは、もったいない。
人生に大切なのは「純粋に楽しむ心」
スポーツをしたり、旅をしたり
豪華な食事をしたり、人と語り合ったり
綺麗な景色を味わったり
人生は一見「無駄」に見えることに味がある

他人から見て「何が楽しいの?」と思うことでも
自分が純粋に「楽しい」と感じればそれでいい

今、何か足りないと感じているなら
損得を考えずに「楽しい」ことをしてみると、新しい道が開けるかもしれません。

(写真は朝の公園にて、朝の空気は気持ちいいです☆)

 

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自分を好きになって、自分らしく生きる

「藁(わら)にもすがる想い」 この言葉を心の底から感じた時期が、僕にはありました。 10年ほど前、僕が転職をしたとき、 新しい職場の環境になじめず 仲間に入れてもらえず、強烈な孤独を感じました。 「こ …

小さな目標

「まずは小さな目標からだ。あまりに遠い道のりに気が滅入りそうになるたびに、自分にそう言い聞かせた。まずは小さな目標からだと」 (モニカ・セレシュ:テニスプレーヤー) 僕は子供の頃は「夢」がありませんで …

大人になってからが・・

僕は子供の頃、夢がありませんでした。   勉強、運動、何をやっても中途半端。   そんな自分に劣等感を持っていて、10代で人生を諦めていました。   親世代を見ていて、苦しく働いている姿を見て、   …

目的地への旅

「希望に満ちて旅行することは、目的地にたどり着くことより良いことである」 (スティーヴンソン:英国の小説家) 人が列車に乗る時は、必ず目的地がある。 でも、人生という列車には「目的地」が分からず 乗っ …

心に響く音楽の力

何かをやろうと思っても、なかなかやる気がおきない。 始めてもなかなか集中力が続かない、気分が上がらない・・・   そんな時は、音楽をうまく取り入れて、モチベーション管理を行う方法があります。   例え …