自分軸を磨くために

頭が凝り固まったときは

投稿日:2017年4月21日 更新日:

「いやな感情で頭がいっぱいのとき、何も考えないで窓をみがいたり、スポーツに熱中したり、好きな食べ物を食べたり、肉体労働をしたりしてごらんなさい。頭の中がすっきりしてきます」(ジョセフ・マーフィー)
   
「良いアイデアが浮かばない」「集中できない」「気持ちが重い」
そんな時は、そのままの状態で何とかしようとしても、時間ばかりが経って進まないことがあります。
 
そんな時は、まず「動いてみる」ことをおすすめします。
 
外の空気を吸って散歩してみる
カフェなどに行って場所を変えてみる
身の回りの掃除をしてみる
頭を使わない作業や家事をやってみる
誰かと話をしてみる
お風呂に入ってリラックスする
 
身体の状態を変えることで、連動して「心の状態」も変わります。
 
頭の中が「凝り固まったな」と感じたら、身体を動かす。 
「堂々巡りをしているな」と感じたら、新しい刺激を入れてみる。
 
そうすれば、自然と思考も動き出す。変わり出す。
 
だから、あなたがもし、
何かが進まなくて焦っていたり
悩んだり、行き詰まりを感じたときは、
そのまま続けるよりも
「動きを変える」ことを試してみてください。

  
きっと、いつの間にか、頭の中もすっきりして、新しい気づきやアイデアが浮かんでくるでしょう。
 
 
(写真は僕がたまにランニングして訪れる羽田空港にて。空港の景色はなぜか気持ちが高ぶります☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

日常と非日常

最近「ワクワクすることをしよう」とよく言いますが、ワクワクってなんだろう・・・僕はそんな風に考えたことがありました。   ワクワクを一番感じ易いのは「非日常」だと思います。   ゴールデンウィークに旅 …

セルフイメージを変え、良い習慣を身につける講座

・少しのことですぐに落ち込む ・自信がなくて行動できない ・セルフイメージが低い ・物事を習慣化するのが苦手    これに少しでも思い当たる部分がある方は ぜひこの講座にお越しください。   カウンセ …

ありがとうの力

「ありがとう」と言う方は何気なくても、言われる方はうれしい、「ありがとう」これをもっと素直に言い合おう。(松下幸之助)   僕は以前、人に何かを頼むのが苦手で、何でも自分でやろうとしていました。   …

20秒の勇気

何かを始めたり、新しい場所に足を踏み入れたり、ピンときたことを人に伝えたりする時、   失敗したらどうしよう… 場違いな所だったらどうしよう… とんだ勘違いだったらどうしよう…   そんな心配ばっかり …

自分の欠点を受け入れる

「わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです」 (オードリー・ヘップバーン)   「ローマの休日」で知られる英国の名女優 …