自分軸を磨くために

頭が凝り固まったときは

投稿日:2017年4月21日 更新日:

「いやな感情で頭がいっぱいのとき、何も考えないで窓をみがいたり、スポーツに熱中したり、好きな食べ物を食べたり、肉体労働をしたりしてごらんなさい。頭の中がすっきりしてきます」(ジョセフ・マーフィー)
   
「良いアイデアが浮かばない」「集中できない」「気持ちが重い」
そんな時は、そのままの状態で何とかしようとしても、時間ばかりが経って進まないことがあります。
 
そんな時は、まず「動いてみる」ことをおすすめします。
 
外の空気を吸って散歩してみる
カフェなどに行って場所を変えてみる
身の回りの掃除をしてみる
頭を使わない作業や家事をやってみる
誰かと話をしてみる
お風呂に入ってリラックスする
 
身体の状態を変えることで、連動して「心の状態」も変わります。
 
頭の中が「凝り固まったな」と感じたら、身体を動かす。 
「堂々巡りをしているな」と感じたら、新しい刺激を入れてみる。
 
そうすれば、自然と思考も動き出す。変わり出す。
 
だから、あなたがもし、
何かが進まなくて焦っていたり
悩んだり、行き詰まりを感じたときは、
そのまま続けるよりも
「動きを変える」ことを試してみてください。

  
きっと、いつの間にか、頭の中もすっきりして、新しい気づきやアイデアが浮かんでくるでしょう。
 
 
(写真は僕がたまにランニングして訪れる羽田空港にて。空港の景色はなぜか気持ちが高ぶります☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

人生を生きやすくするためのメソッド

「人は成功すると幸せになるのではなく、幸せな人が成功する。」(ショーン・エイカー:心理学者) 最近は、雨続きでせっかくの連休もがっかり。 そんか気持ちになる人も多いかもしれません。 「今日は天気が悪い …

主体的に生きる

10年近く前、僕はリーダーには なれないって思っていました。 その気持ちの奥には 「リーダーは周りの人よりも何でもできる、何でも知っているスーパーマンのような人がなるもの」 と思っていました。 でも、 …

まわりにリクエストしてみる

相手が私の気持ちをわかってくれない… 私がして欲しいことをなかなか気づいてくれない… そんな風に思うこともあるかと思います。    でもそうやって、察して欲しいと待っていても、なかなか物事は進まない。 …

スッキリした気持ちで過ごすために

「最も重要な決定とは、何をするかではなく、何をしないかを決めることだ」 (スティーブ・ジョブズ) 僕は以前、予定が空いていたら、とにかく埋める癖がありました。 行動力がなく、惰性で過ごしていた頃の僕に …

あなたと全く違うタイプの人とあえて話しなさい

「あなたと全く違うタイプの人とあえて話しなさい」 「あなたが一番、嫌だなと感じる人と話しなさい」   これは僕が5年前にコーチングを学んだ時に、教えられたことです。   コーチングの講座では、受講生同 …