自分軸を磨くために

頭が凝り固まったときは

投稿日:2017年4月21日 更新日:

「いやな感情で頭がいっぱいのとき、何も考えないで窓をみがいたり、スポーツに熱中したり、好きな食べ物を食べたり、肉体労働をしたりしてごらんなさい。頭の中がすっきりしてきます」(ジョセフ・マーフィー)
   
「良いアイデアが浮かばない」「集中できない」「気持ちが重い」
そんな時は、そのままの状態で何とかしようとしても、時間ばかりが経って進まないことがあります。
 
そんな時は、まず「動いてみる」ことをおすすめします。
 
外の空気を吸って散歩してみる
カフェなどに行って場所を変えてみる
身の回りの掃除をしてみる
頭を使わない作業や家事をやってみる
誰かと話をしてみる
お風呂に入ってリラックスする
 
身体の状態を変えることで、連動して「心の状態」も変わります。
 
頭の中が「凝り固まったな」と感じたら、身体を動かす。 
「堂々巡りをしているな」と感じたら、新しい刺激を入れてみる。
 
そうすれば、自然と思考も動き出す。変わり出す。
 
だから、あなたがもし、
何かが進まなくて焦っていたり
悩んだり、行き詰まりを感じたときは、
そのまま続けるよりも
「動きを変える」ことを試してみてください。

  
きっと、いつの間にか、頭の中もすっきりして、新しい気づきやアイデアが浮かんでくるでしょう。
 
 
(写真は僕がたまにランニングして訪れる羽田空港にて。空港の景色はなぜか気持ちが高ぶります☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

対人関係のポイント

「多くの人が、話上手だから人との関係は得意だと思っている。対人関係のポイントが聞く力にあることを知らない」(ピーター・ドラッカー) 僕は10年前は極度の人見知りでした。 友達と言えば、学生時代のサーク …

発展途上国に行って知る

If you can dream it, you can do it. 「夢見ることができれば、それは実現できる」 (ウォルト・ディズニー) 僕はあまりテレビ番組を見ない分 映画が好きで、その世界に憧 …

才能を開花させるために

「100回叩くと壊れる壁があったとする。でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、99回まで来ていても途中であきらめてしまう」 (松岡修造:プロテニス選手) 僕は以前、ある人気コーチの方にお聞きした …

人間万事塞翁が馬

僕の父は70代半ばですが、鹿児島県生まれで、いわゆる亭主関白。そんな家庭で僕は育ちました。 いつも口数が少なくて、口を開いても厳しいことばかり。子供にとっては近寄りがたい存在でした。 父とはまともに人 …

小さな目標

「まずは小さな目標からだ。あまりに遠い道のりに気が滅入りそうになるたびに、自分にそう言い聞かせた。まずは小さな目標からだと」 (モニカ・セレシュ:テニスプレーヤー) 僕は子供の頃は「夢」がありませんで …