自分軸を磨くために

頭が凝り固まったときは

投稿日:2017年4月21日 更新日:

「いやな感情で頭がいっぱいのとき、何も考えないで窓をみがいたり、スポーツに熱中したり、好きな食べ物を食べたり、肉体労働をしたりしてごらんなさい。頭の中がすっきりしてきます」(ジョセフ・マーフィー)
   
「良いアイデアが浮かばない」「集中できない」「気持ちが重い」
そんな時は、そのままの状態で何とかしようとしても、時間ばかりが経って進まないことがあります。
 
そんな時は、まず「動いてみる」ことをおすすめします。
 
外の空気を吸って散歩してみる
カフェなどに行って場所を変えてみる
身の回りの掃除をしてみる
頭を使わない作業や家事をやってみる
誰かと話をしてみる
お風呂に入ってリラックスする
 
身体の状態を変えることで、連動して「心の状態」も変わります。
 
頭の中が「凝り固まったな」と感じたら、身体を動かす。 
「堂々巡りをしているな」と感じたら、新しい刺激を入れてみる。
 
そうすれば、自然と思考も動き出す。変わり出す。
 
だから、あなたがもし、
何かが進まなくて焦っていたり
悩んだり、行き詰まりを感じたときは、
そのまま続けるよりも
「動きを変える」ことを試してみてください。

  
きっと、いつの間にか、頭の中もすっきりして、新しい気づきやアイデアが浮かんでくるでしょう。
 
 
(写真は僕がたまにランニングして訪れる羽田空港にて。空港の景色はなぜか気持ちが高ぶります☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

もっと自分を好きになって、どんどん行動できるようになる方法

「マイナスの出来事に対して自分を許すことで、落ち込むことが少なくなり、気持ちをニュートラルに維持できるようになりました。 また、自分自身の深層にある願望に気づき、一歩を踏み出すことによって状況が動きだ …

とっさのときの反応

先ほど、新宿御苑近くを歩いていたら、突然、外国人の方に英語で道を聞かれました・・   とっさのことで、少しびっくりしましたが、自然に英語で説明している自分に気がつきました。   聞かれたのは、都庁の場 …

人生を生きやすくするためのメソッド

「人は成功すると幸せになるのではなく、幸せな人が成功する。」(ショーン・エイカー:心理学者) 最近は、雨続きでせっかくの連休もがっかり。 そんか気持ちになる人も多いかもしれません。 「今日は天気が悪い …

相手になかなか伝わらないときは

「理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう」(瀬戸内寂聴) 「何度も言っているのに」相手がピンときていない。どうすれば伝わるのだろう・・・ そんな時は …

ながら聴きを活用する

この本はいいと思って買ったはいいけれど、結局最後まで読みきれずに、「積ん読」状態になっている。 気がついたらそんな本が何冊も・・・   そんなことを解消するひとつの方法として、僕はオーディオブックを活 …