自分軸を磨くために

今日はどんな一日でしたか・・?

投稿日:2017年4月22日 更新日:

「賢い人は、徹底的に楽天家である」
(アンドリュー・カーネギー:米国実業家、鉄鋼王)

「好き」なことが増えたら、毎日が楽しくなる。
そう言われても、日常生活でそんな楽しいことなんて・・・

日々の生活に追われていると、そんな気持ちになるのも仕方ありません。

そんな時には、ちょっとした心のスイッチを変えてみることをおすすめします。

「It’s a Wonderful day!,because・・・」(今日は素晴らしい日だ!なぜなら・・・)

「I love her!because・・・」(私は彼女が大好き!なぜなら・・・)

「素晴らしい」「好き」は自分で決められる最高のツール。

だから、最初に「素晴らしい」「好き」と決めてみる。

そうすると、不思議と良い面が見えてきて、それが本当になる。

そうやっていくと、物事の見え方が不思議と変わってくる。

何でも都合よく「良い面ばかり見る」のは、思わぬ落とし穴にはまる。

でも、もともと人は「ネガティブ」「欠けている」ものに思考が偏りやすい。

だから、意識的には「良い面を多く見る」「楽天的である」ことが大切になります。

NLPなど心理学的に分析をしていくと、偉大な成功者は楽観的な人が多いそうです。

だから今、あなたが「最近、良いことがないな」と思ったら、はじめに「素晴らしい」「好き」と決めてみる。

そうすると、毎日が充実したものに変わり、良い方向に進んでいきます♪

「今日は、素晴らしい一日だったよ♪だって・・・o(^o^)o」

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

夢の叶え方講座

昨日は「自分軸を身につけキラキラした自分の人生を送る講座」の第三回を開催致しました。   今回のテーマは「夢の叶え方」   10代、20代の頃夢も持たず、人生を諦めていた僕が、どうして夢を持つようにな …

自分の選択を生かす

「いろいろ考えられる選択肢の中から『この一手』を選ぶのは自分しかいないわけです」 (羽生善治:将棋棋士、十九世名人) 僕は中学生の頃から将棋が好きで、10代の頃に勉強して初段の実力までになりました。 …

とりあえず調べてみる

何かをやろうと考えても 「そんな簡単にできるわけない」 そういう風に勝手に思い込んで、 調べる前に諦めてしまう・・・   でも調べてみると意外と近くで、 意外と低価格でできたりする。   そんな風に、 …

もっと自分を好きになって、どんどん行動できるようになる方法

「マイナスの出来事に対して自分を許すことで、落ち込むことが少なくなり、気持ちをニュートラルに維持できるようになりました。 また、自分自身の深層にある願望に気づき、一歩を踏み出すことによって状況が動きだ …

ゴキゲンな自分になる

「人の機嫌をとる」という言葉があります。 身近な家族や同僚、友達が 「不機嫌」や「ご機嫌が斜め」のとき その人をなだめたり、元気づけたり、笑わせたり ご機嫌をあげていく工夫をするかと思います。 「不機 …