自分軸を磨くために

今日はどんな一日でしたか・・?

投稿日:2017年4月22日 更新日:

「賢い人は、徹底的に楽天家である」
(アンドリュー・カーネギー:米国実業家、鉄鋼王)

「好き」なことが増えたら、毎日が楽しくなる。
そう言われても、日常生活でそんな楽しいことなんて・・・

日々の生活に追われていると、そんな気持ちになるのも仕方ありません。

そんな時には、ちょっとした心のスイッチを変えてみることをおすすめします。

「It’s a Wonderful day!,because・・・」(今日は素晴らしい日だ!なぜなら・・・)

「I love her!because・・・」(私は彼女が大好き!なぜなら・・・)

「素晴らしい」「好き」は自分で決められる最高のツール。

だから、最初に「素晴らしい」「好き」と決めてみる。

そうすると、不思議と良い面が見えてきて、それが本当になる。

そうやっていくと、物事の見え方が不思議と変わってくる。

何でも都合よく「良い面ばかり見る」のは、思わぬ落とし穴にはまる。

でも、もともと人は「ネガティブ」「欠けている」ものに思考が偏りやすい。

だから、意識的には「良い面を多く見る」「楽天的である」ことが大切になります。

NLPなど心理学的に分析をしていくと、偉大な成功者は楽観的な人が多いそうです。

だから今、あなたが「最近、良いことがないな」と思ったら、はじめに「素晴らしい」「好き」と決めてみる。

そうすると、毎日が充実したものに変わり、良い方向に進んでいきます♪

「今日は、素晴らしい一日だったよ♪だって・・・o(^o^)o」

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

主体的に生きる

10年近く前、僕はリーダーには なれないって思っていました。 その気持ちの奥には 「リーダーは周りの人よりも何でもできる、何でも知っているスーパーマンのような人がなるもの」 と思っていました。 でも、 …

相手の嫌いな所

「人付き合いがうまいというのは、人を許せるということだ」(ロバート・フロスト:米国の詩人) 『相手の嫌いな所は、自分の嫌いな所』 僕は以前、これを知ったとき、「そんな馬鹿な!」とすぐには納得できません …

ながら聴きを活用する

この本はいいと思って買ったはいいけれど、結局最後まで読みきれずに、「積ん読」状態になっている。 気がついたらそんな本が何冊も・・・   そんなことを解消するひとつの方法として、僕はオーディオブックを活 …

ニュートラル

毎日が忙しくて、やることがたくさんあって息つく暇もない・・ そのまま疲れ果てて夜は倒れ込むように寝る。 そして朝はギリギリに起きて大急ぎで出発する。   そんな生活ばかりしていた、昔の僕は身も心も疲れ …

勘違いしがちな「常識」〜Common Sense〜

僕が昔、悩んだり傷つきやすかったのは 「常識」「当たり前」「当然」「普通」を勘違いしていたから。 (⇨以後、総称として「常識」とします) 僕にとっての「常識」は 友達や家族には「常識」ではなかったり …