自分軸を磨くために

人間らしさ

投稿日:2017年6月4日 更新日:

僕はスポーツで学ぶことは多いな、といつも思うのですが
日本を代表するような名選手にも様々なドラマがあります。
 
例えば、
サッカー日本代表の香川真司
 
ドイツで実績を残し、イングランドの名門クラブに移籍するも
成績は芳しくなく、またドイツに戻って苦悩の後、今輝きを取り戻している。
 
例えば、
メジャーリーガーのイチロー
 
とにかく堅実で積み重ねて積み重ねて結果を出すことで有名ですが、
2009年のWBCでは、ずっと不振にあえいで最後の最後に決勝打を打った。
 
世界的なスター選手にもそんなことがあります。
 
どんな人にもミスがあり、スランプがあり、
悩む時があり、不調になる時がある。
 
そこを乗り越えて、また輝きを取り戻すから、
見る人は感動して応援したくなる。
 
すべてが完璧なサイボーグのような人がいても、そこには感動は生まれない。
 
不完全なところに人間らしさがあり、
人はそこに惹かれる。
 
 
僕が色々な人の相談を聞いていると
気分の浮き沈みがあったり、やる気がでないときがあったり
継続できないことに悩んでいる方が結構おられます。
 
自分自身を磨いて成長していく事は
人生において大きな喜びとなるので大切ですが
 
それは人間らしさを失うことでは無い。
人間らしさは、そういった不完全さにある。
  
「私はこんな人間らしいところがあるな」
「あの人はあんな人間らしいところがあるな」
そうやって、そこに愛着を感じる。
  
そんなふうになれたら毎日がもっと微笑ましいものになっていきます♪
 
 
(写真は4年前の都内フットサルに参加したときのもの☆ビンテージ風にしてみました。。)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

簡単なアウトプットの方法

「ぼくは天才ではありません。なぜかというと、自分がどうしてヒットを打てるかを説明できるからです」(イチロー) 「アウトプットする」大事さは 最近よく聴く話だと思います。 インプットしたことを人に伝えよ …

もっと自分を好きになって、どんどん行動できるようになる方法

「マイナスの出来事に対して自分を許すことで、落ち込むことが少なくなり、気持ちをニュートラルに維持できるようになりました。 また、自分自身の深層にある願望に気づき、一歩を踏み出すことによって状況が動きだ …

夢の叶え方講座

昨日は「自分軸を身につけキラキラした自分の人生を送る講座」の第三回を開催致しました。   今回のテーマは「夢の叶え方」   10代、20代の頃夢も持たず、人生を諦めていた僕が、どうして夢を持つようにな …

イメージ・チェンジ

これは5年くらい前の話です。 「最近なんか表情よくなってきたね」とか「最近なんかいい感じだね」と言われるようになってきて、   自分でも心の中が良い方向に進んでるな、と感じたときに、もう一歩前に進むた …

スッキリした気持ちで過ごすために

「最も重要な決定とは、何をするかではなく、何をしないかを決めることだ」 (スティーブ・ジョブズ) 僕は以前、予定が空いていたら、とにかく埋める癖がありました。 行動力がなく、惰性で過ごしていた頃の僕に …