自分軸を磨くために

人間らしさ

投稿日:2017年6月4日 更新日:

僕はスポーツで学ぶことは多いな、といつも思うのですが
日本を代表するような名選手にも様々なドラマがあります。
 
例えば、
サッカー日本代表の香川真司
 
ドイツで実績を残し、イングランドの名門クラブに移籍するも
成績は芳しくなく、またドイツに戻って苦悩の後、今輝きを取り戻している。
 
例えば、
メジャーリーガーのイチロー
 
とにかく堅実で積み重ねて積み重ねて結果を出すことで有名ですが、
2009年のWBCでは、ずっと不振にあえいで最後の最後に決勝打を打った。
 
世界的なスター選手にもそんなことがあります。
 
どんな人にもミスがあり、スランプがあり、
悩む時があり、不調になる時がある。
 
そこを乗り越えて、また輝きを取り戻すから、
見る人は感動して応援したくなる。
 
すべてが完璧なサイボーグのような人がいても、そこには感動は生まれない。
 
不完全なところに人間らしさがあり、
人はそこに惹かれる。
 
 
僕が色々な人の相談を聞いていると
気分の浮き沈みがあったり、やる気がでないときがあったり
継続できないことに悩んでいる方が結構おられます。
 
自分自身を磨いて成長していく事は
人生において大きな喜びとなるので大切ですが
 
それは人間らしさを失うことでは無い。
人間らしさは、そういった不完全さにある。
  
「私はこんな人間らしいところがあるな」
「あの人はあんな人間らしいところがあるな」
そうやって、そこに愛着を感じる。
  
そんなふうになれたら毎日がもっと微笑ましいものになっていきます♪
 
 
(写真は4年前の都内フットサルに参加したときのもの☆ビンテージ風にしてみました。。)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ありのままで生きる

「わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです」(オードリー・ヘップバーン) 「ローマの休日」で知られる英国の名女優 オード …

人間万事塞翁が馬

僕の父は70代半ばですが、鹿児島県生まれで、いわゆる亭主関白。そんな家庭で僕は育ちました。 いつも口数が少なくて、口を開いても厳しいことばかり。子供にとっては近寄りがたい存在でした。 父とはまともに人 …

体験してみる

僕は以前、自分のやりたいことが分からなくなって、自分に本当に合った職業って何だろうと思い悩んでいたことがありました。   その時にあるサイトを発見して1日スポーツトレーナーになる体験をしてみました。 …

ボトルネックを生かす

資格の勉強とか運動を始めようと始めたけれど、結局長続きしない。    何回もやろうと思って始めて何ヶ月か経って、いつの間にかやめている。 今思ったら過去10年でそんなことが何回もあったな、と思う。 自 …

目標にたどり着くために

「我々の計画というのは、目標が定かでないから失敗に終わるのだ。どの港へ向かうのかを知らぬ者にとっては、いかなる風も順風たり得ない」 (セネカ:古代ローマの政治家、哲学者) 僕はかなりの方向音痴です。 …