自分軸を磨くために

インスピレーション

投稿日:2017年5月9日 更新日:

データ分析やマーケティングリサーチなど、
数字、理論の世界で10年以上過ごしてきた僕は
どうしても左脳で物事を考えてしまいがちです。
  
でも僕が過去に大きな変化や嬉しい、
ワクワクした経験を考えていくと、
 
何か気持ちが高ぶった中で
パッと思いついて決めたこと
 
時間に迫られた中で
ハッと目についてつかんだもの
 
それが大きな道を開いた事が何度もありました。
 
何かを決めて物事を進めるには、
きっちり計算し計画を立てて進めることも大事。
全てを思いつきで進めてうまくいくのは
なかなか難しい。
 
でも、とっさの時のひらめきのような感覚、
行き詰まった後に突然パッとひらめくような感覚
 
それはとても大事だと思います。
 
「インスピレーション=思いつき・ひらめき」
はあまり合理的でないように
思うかもしれないですが
言葉で表せない自分の感覚に従う
という意味では、とても大事なことだと思います。
 
熟練された職人や達人が、
肌で感じる、直感でわかるというのは、
実は数え切れないほどのたくさんの経験、
たくさんの作業を通じて、
感覚が研ぎ澄まされた結果生まれる
と聞いたことがあります。
 
コーチングのセッションでも、
考えて考えてもはっきり答えが出ないときに
ズバッと核心を突く質問をされた時に、
ハッとひらめくように一瞬で答えが出る、
そんなこともあります。
 
だから今、頭で考えすぎて物事が
前に進みにくいな、と思った時は
 
ふわっと心を緩めて、体を緩めて
インスピレーション=直感に従ってみる。
 
それに従って行動してみる
 
そうすると予想もしてなかったような、
素晴らしい結果に結びつくかもしれません☆
  
 
(写真は今日、外出帰りに立ち寄った花屋にて。母の日のプレゼントはインスピレーションが湧いて、原点に返りカーネーションにしました☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

できない理由を出し尽くす

「できない理由ばかり言うな」 「言い訳ばかりして!」 「どうすればできるかを考えなさい」 「できるできないより、やるかやらないか」   そんな話をよく耳にするので、「できない理由」は良くないこととして …

イメージ・チェンジ

これは5年くらい前の話です。 「最近なんか表情よくなってきたね」とか「最近なんかいい感じだね」と言われるようになってきて、   自分でも心の中が良い方向に進んでるな、と感じたときに、もう一歩前に進むた …

相手を否定せずに意見を伝える

「相手は間違っているかもしれないが、彼自身は自分が間違っているとは決して思っていない。だから、相手を非難しても始まらない」 (デール・カーネギー:米国の作家) 人との会話において、相手との意見が合わな …

人生を生きやすくするためのメソッド

「人は成功すると幸せになるのではなく、幸せな人が成功する。」(ショーン・エイカー:心理学者) 最近は、雨続きでせっかくの連休もがっかり。 そんか気持ちになる人も多いかもしれません。 「今日は天気が悪い …

信頼する人は誰か

「良い選手がいるから良いチームを持つわけじゃない。エゴイズム、嫉妬、個人主義といったものが良いチームを形成する際の問題となる。素晴らしい選手を持つ意味合いは熟知しているが、私にはチームスピリットが最も …