自分軸を磨くために

三日坊主から抜け出す方法

投稿日:2017年3月11日 更新日:

「最初から多くのことを成し遂げようとして極端な努力をすると、たちまちのうちに全てを放棄することになる」
(チャーリー・チャップリン)

以前僕は、「何をやっても長続きしない」ことに悩んでいました。
いわるゆる三日坊主になることが多くて、そんな自分に嫌になることもありました。
でもいつの間にか、まわりからは「継続力のある人」と言われるようになりました。

習慣化の方法を学び実践してきたことと、自分なりのスタイルを生み出したことが
その要因だと思います。

最近は、
「すぐやる」
「いきなり多くのことをしない」

を意識してやっています。

少し意識が変われば、日々の行動や習慣はあっという間に変わります。
その中に「楽しさ」「意外な発見」があればより継続しやすくなります。

数年前、ランニングを始めたときは、「朝一日10分走る」と決めてやりました。
「10分走って意味あるのかな?」と思っていましたが
意外と朝のランニングは気持ちよくて、やる気が上がることに気がつきました。

そして、気がつけば、4ヶ月後に初のフルマラソンにチャレンジし、完走していました。
「最初から多くのことをしない」
これはとても重要なことだと分かりました。

今日から、ちょっとだけ意識して新しいことをやってみる。
そうすると、数ヶ月後には、大きい変化が起きているかもしれません。

(写真は、バンクーバーでフルマラソンにチャレンジしたときのもの☆はじめは小さな一歩からでした♪)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

身体で感じる喜び

It’s never too late to be who you might have been. 「なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない」(ジョージ・エリオット) 僕は30代の頃、よ …

とりあえず調べてみる

何かをやろうと考えても 「そんな簡単にできるわけない」 そういう風に勝手に思い込んで、 調べる前に諦めてしまう・・・   でも調べてみると意外と近くで、 意外と低価格でできたりする。   そんな風に、 …

日常の無意識から変えていく

「できること」が増えるより、「楽しめること」が増えるのが、いい人生。(斎藤茂太:随筆家) 「潜在意識」の存在について、多くの書籍が出ていて、その大切さは多くの人が知っていることかと思います。 でも結局 …

自分を好きになって、自分らしく生きる

「藁(わら)にもすがる想い」 この言葉を心の底から感じた時期が、僕にはありました。 10年ほど前、僕が転職をしたとき、 新しい職場の環境になじめず 仲間に入れてもらえず、強烈な孤独を感じました。 「こ …

スペースをつくる

今日はゴールデーンウィーク中ですが、一日ひたすら掃除をしました。 かなりのモノを捨てました。以前に比べて普段から捨てているつもりだったのですが、結構な量のゴミが出ました。    その大半のものは過去に …