自分軸を磨くために

昔できなかったことを果たす

投稿日:2017年5月14日 更新日:

今日は週に1度のSkype英会話でした。
昨年から始めたこの英会話は、週に1度のペースで教えていただいています。
 
相変わらず文法はよくわからないので、先生にかなり直されますが、
 
まずは相手の言っていることを理解し、自分の伝えたい事が相手に伝えられるようになってきました。
 
20年以上前の僕が高校・大学時代は、海外に留学したりホームステイというのはあまりポピュラーではありませんでした。
 
最近はかなり普通になってきているようですが、僕にとってはホームステイや留学は夢のひとつです。
 
今年は念願のホームステイに行こうと今から計画中です♪
 
この歳になって、思いもよりませんでしたが、
「昔できなかったことを果たす」
これも大事なことだと思っています。
 
夢というのは、昔からずっと憧れていたことを叶える場合もありますが、
 
「昔やりたいと思っていたけど、できなかったこと」
それを改めてやる。これも一つの夢の叶え方です。
 
だからもし、あなたが今、「やりたいこと」「夢」がはっきり見えなくなっていたら、遠い昔自分がやりたかったけれど、できなかったことを思い出してみる。
 
その時はできなかったかもしれないけれど、大人になり時間にも経済的にも余裕ができ、時代の変化に伴って、その夢は今ならできるかもしれない。果たせるかもしれない。 
  
一度、思い出してみてください。
「以前、私はどんなことに憧れていたんだろう?」
 
(写真は今日のレッスン後の写真。過去に行ったカナダ、アメリカの写真。年に一度は海外に行くようになるとは、昔は思いもしませんでした☆)
 
 
☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆
あなたのやる気と才能を引き出す
インスパイアコーチ 福元政隆 
プロフィール:
http://max7masata.com/sample-page/☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆
【自分軸を身につけキラキラした自分の人生を送る】0期生‼
第三回 ~夢の叶え方~
6月11日(日)13:00-17:00 限定8名
 
お問合せはこちらからお願いいたします:
https://ws.formzu.net/fgen/S91193433/☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

大人になってからが・・

僕は子供の頃、夢がありませんでした。   勉強、運動、何をやっても中途半端。   そんな自分に劣等感を持っていて、10代で人生を諦めていました。   親世代を見ていて、苦しく働いている姿を見て、   …

不得意なことに財産がある

「遠回りしながらも、もがいて身につけたものの方が、簡単に得たものよりも後々まで役立ちます」 (羽生善治:将棋棋士、十九世名人)   誰でも苦手なこと、不得意なことがあり、それに悩んだこともあるかと思い …

面倒の先にある世界

「メンドクサイことがイヤなら、寝ているのが一番。でも、ずっと寝ているだけじゃ、幸せも、生きてる時間もわかりっこない。メンドクサイことがいっぱいあるから、生きてるんだって実感が持てる」(所ジョージ) 僕 …

相手にどう分かってもらうか

「相手を説得する場合、激しい言葉をつかってはならぬ。結局は恨まれるだけで物事が成就できない」 (坂本龍馬) 人に何かをしてもらいたい、成長してもらいたい時は 説得するよりも、教えるよりも、気づいてもら …

相手の嫌いな所

「人付き合いがうまいというのは、人を許せるということだ」(ロバート・フロスト:米国の詩人) 『相手の嫌いな所は、自分の嫌いな所』 僕は以前、これを知ったとき、「そんな馬鹿な!」とすぐには納得できません …