自分軸を磨くために

計測を習慣にする

投稿日:2017年6月5日 更新日:

自分の状態を客観的に知るためには、数字化しておくことがひとつ方法としてあります。
 
毎日体重計に乗る、というのもそうです。
 
スマホのアプリを活用すると、簡単に計測や記録が出来て便利なものがります。
家計簿アプリなども食費、交通費、など費目別に記録すると自分の生活パターンが分かって改善し易くなります。
 
  
普段の運動不足を解消するために、
ランニングやウォーキングなど簡単なアプリをひとつご紹介します。
 
iPhone限定の機能ですが、「ヘルスケア」というアイコンがあります。
 
その中に、
フィットネス→ウォーキング・ランニングの距離
というメニューがあります。
 
これを「ダッシュボードに表示」としておくと、携帯しておくだけで自動的に
ランまたはウォーキングの距離が計測されます。
 
自動の万歩計代わりになる感じです。
 
ランニングされる方は「runkeeper」とか「Nike run」などのタイムなども測れるアプリはありますが、
GPS連動のため、長時間の使用にはあまり向いていません。
 
このヘルスケアアプリは、普段iPhoneを携帯しておくだけで、自動的に人の揺れを感知して
計測をしておいてくれるのです。
 
電車の揺れなどには反応せず、人の歩きや走りだけにうまく感知するようにできているようです☆
 
僕はこれを知り合いに教わってからは、どこへ行くにも携帯するようになりました。
 
ランニングアプリと比較すると、やや距離が少なめに計測されることがありますが、
 
非常に手軽に毎日の状況を計測するという意味で、とても便利なアプリです。
 
僕は昨年はこれで毎日10kmをやっていましたが、最近はちょっと減りました。。
 
スマホを使って、記録、計測する習慣を付ける。
 
自分の状態管理にとても役立ちますので、ぜひ活用してみてください♪
 

■6/11(日)13時〜17時
自分の人生を送る講座「夢の叶え方」
https://goo.gl/3nD1tL 
  
(写真は以前、新宿御苑を走ったときのもの。明日またここを走ります♪)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

人間万事塞翁が馬

僕の父は70代半ばですが、鹿児島県生まれで、いわゆる亭主関白。そんな家庭で僕は育ちました。 いつも口数が少なくて、口を開いても厳しいことばかり。子供にとっては近寄りがたい存在でした。 父とはまともに人 …

相手にどう分かってもらうか

「相手を説得する場合、激しい言葉をつかってはならぬ。結局は恨まれるだけで物事が成就できない」 (坂本龍馬) 人に何かをしてもらいたい、成長してもらいたい時は 説得するよりも、教えるよりも、気づいてもら …

対人関係のポイント

「多くの人が、話上手だから人との関係は得意だと思っている。対人関係のポイントが聞く力にあることを知らない」(ピーター・ドラッカー) 僕は10年前は極度の人見知りでした。 友達と言えば、学生時代のサーク …

問題をすり抜ける

僕は以前、なにか問題が起こるたびに、その問題を一つ一つクリアをしなければ次に進めない、そのように考えていました。   でもある方に教えていただきました。   「問題は全て解決する必要はない」 次のステ …

出会いのルーツをたどる

「人の運命は出会いで決まる事が多い。成功するか、失敗するかは、その出会いをどれだけ大事に出来るかであろう」(島村俊治:スポーツジャーナリスト) 僕は「マインドマップに書き留める」 のがあまり性に合わな …