自分軸を磨くために

行動するときの心構え

投稿日:2017年4月19日 更新日:

「途中で意味を考えない。山に登る意味を考えていいのは登り切った人か、途中であきらめて降りた人だけ」
(所ジョージ)

僕が以前、考えすぎてなかなか行動に移せないときは
「まずやってみる」「やりながら考える」ことを学びました。

やることを先延ばしにする「自分への言い訳」を無くし
前に進み、成長するにはこの考え方はとても役立ちました。

でも、やると決めてからの日々の行動は
「事前に考えておく」ことが大切だと経験しました。
短期間で何かをやり遂げるときは一日一日が大切です。
  
忙しいときに、翌日や今週のやることを
「あとはその時に考えればいいや」
と思うとうまくいかない事が増える。
  
「これは今日じゃなくていいかも」
そんな風に、都合よく考えてしまうこともある。
  
本当にやる気でいても、きちんと調べておかなかったために、想定外のことがあって一日を無駄にすることもある。
  
だから、
「考える」と「やる」を分ける。
  
  
「やる」ことは先に詳細まで考えておいて、
当日は「やる」だけにしておく。
「やる」ときは考えずに、迷わずに「やる」
  
そうすれば、想定外のアクシデントがあっても
余裕をもって対応、修正できる。
  
忙しい毎日を過ごしている時こそ、
次にやることを先に「イメージ」して考えておく。
  
そうすると、忙しくても、心のゆとりを持ちながら毎日を気持ちよく過ごせるようになります。
  
  
(写真は富士山に登頂したときのもの。頂上に登った瞬間、その絶景に心が震えました☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

スペースをつくる

今日はゴールデーンウィーク中ですが、一日ひたすら掃除をしました。 かなりのモノを捨てました。以前に比べて普段から捨てているつもりだったのですが、結構な量のゴミが出ました。    その大半のものは過去に …

主体的に生きる

10年近く前、僕はリーダーには なれないって思っていました。 その気持ちの奥には 「リーダーは周りの人よりも何でもできる、何でも知っているスーパーマンのような人がなるもの」 と思っていました。 でも、 …

すぐやる

これは僕が、ある成功者から教えてもらったことです。   いろいろなアドバイスや良い情報をもらって 「ありがとうございます」「やってみます」と言っておいて、なかなかやらない人が多い。   そんな話を聞き …

楽しく続ける工夫

今朝は、お台場でランニングをしました☆   綺麗なランステーションも見つけて、そこから海浜公園を気持ち良く走りました♪   運動は、文字通り「運を動かす」と言われていて   滞った自分を変化させるのに …

不得意なことに財産がある

「遠回りしながらも、もがいて身につけたものの方が、簡単に得たものよりも後々まで役立ちます」 (羽生善治:将棋棋士、十九世名人)   誰でも苦手なこと、不得意なことがあり、それに悩んだこともあるかと思い …