自分軸を磨くために

行動するときの心構え

投稿日:2017年4月19日 更新日:

「途中で意味を考えない。山に登る意味を考えていいのは登り切った人か、途中であきらめて降りた人だけ」
(所ジョージ)

僕が以前、考えすぎてなかなか行動に移せないときは
「まずやってみる」「やりながら考える」ことを学びました。

やることを先延ばしにする「自分への言い訳」を無くし
前に進み、成長するにはこの考え方はとても役立ちました。

でも、やると決めてからの日々の行動は
「事前に考えておく」ことが大切だと経験しました。
短期間で何かをやり遂げるときは一日一日が大切です。
  
忙しいときに、翌日や今週のやることを
「あとはその時に考えればいいや」
と思うとうまくいかない事が増える。
  
「これは今日じゃなくていいかも」
そんな風に、都合よく考えてしまうこともある。
  
本当にやる気でいても、きちんと調べておかなかったために、想定外のことがあって一日を無駄にすることもある。
  
だから、
「考える」と「やる」を分ける。
  
  
「やる」ことは先に詳細まで考えておいて、
当日は「やる」だけにしておく。
「やる」ときは考えずに、迷わずに「やる」
  
そうすれば、想定外のアクシデントがあっても
余裕をもって対応、修正できる。
  
忙しい毎日を過ごしている時こそ、
次にやることを先に「イメージ」して考えておく。
  
そうすると、忙しくても、心のゆとりを持ちながら毎日を気持ちよく過ごせるようになります。
  
  
(写真は富士山に登頂したときのもの。頂上に登った瞬間、その絶景に心が震えました☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アファメーション

「あなたの言葉には、あなたの行動と同じ価値があります。行動することも大切ですが、それ以上に言葉は大切です。言葉は世界をも揺り動かす力を持っています」(ジョセフ・マーフィー) 僕は以前、極度の人見知りで …

相手にどう分かってもらうか

「相手を説得する場合、激しい言葉をつかってはならぬ。結局は恨まれるだけで物事が成就できない」 (坂本龍馬) 人に何かをしてもらいたい、成長してもらいたい時は 説得するよりも、教えるよりも、気づいてもら …

難しいことをやさしく伝える

宇宙や光、相対性理論、量子力学について興味はあるけれど、難しくてよく分からない。   「はじめての○○学入門」を読んでも分からないから、「『○○学入門』入門」が欲しい!(ToT)   「感じる科学」は …

面倒の先にある世界

「メンドクサイことがイヤなら、寝ているのが一番。でも、ずっと寝ているだけじゃ、幸せも、生きてる時間もわかりっこない。メンドクサイことがいっぱいあるから、生きてるんだって実感が持てる」(所ジョージ) 僕 …

夢の叶え方講座

昨日は「自分軸を身につけキラキラした自分の人生を送る講座」の第三回を開催致しました。   今回のテーマは「夢の叶え方」   10代、20代の頃夢も持たず、人生を諦めていた僕が、どうして夢を持つようにな …