自分軸を磨くために

心に響く音楽の力

投稿日:2017年5月23日 更新日:

何かをやろうと思っても、なかなかやる気がおきない。
始めてもなかなか集中力が続かない、気分が上がらない・・・
 
そんな時は、音楽をうまく取り入れて、モチベーション管理を行う方法があります。
 
例えば・・
ランニングをする時は、気分が盛り上がる曲
 
パソコンで作業をする時は、集中できるカフェミュージック
 
リラックスしたい時は、自然のゆらぎ音、癒し系のミュージック
 
心を整えたい時は、528ヘルツなどの周波数の音楽
  
Youtubeで
「ランニング 曲」「カフェ 音楽」「528hz 音楽」などと検索すれば
カンタンに見つけられます♪
 
これはNLPなど専門的にはアンカリングという効果も使っているわけですが
 
気分を変えて、心を切り替えるスイッチを用意しておくことで
行動の切り替えに役立ちます。
 
昔流行った音楽がどこか街中で流れていると、その頃を思い出す。
そんなことがあると思います。
 
それも一種のアンカリングです。
条件反射をうまく活用しているようなものですね。 
 
頭で「切り替えよう、切り替えよう」と思ってもなかなかできない。
 
そんな時は、五感から刺激をして行動を変えていく。
 
これも毎日の習慣化や自己管理に役立つ方法です。
 
自分に合った音楽探し、ぜひ楽しんでやってみてください♪ 
 
 
  
■インスパイアコーチ 福元政隆
https://goo.gl/M2zOml
 
 
(写真は昨日訪れた新宿御苑にて。朝はお台場、午後は新宿御苑と2カ所でランニングをしましたが…新宿御苑は木陰もたくさんあって、都会の中のオアシス的で、音楽を聴きながら気持ち良くランニングできました☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

頭が凝り固まったときは

「いやな感情で頭がいっぱいのとき、何も考えないで窓をみがいたり、スポーツに熱中したり、好きな食べ物を食べたり、肉体労働をしたりしてごらんなさい。頭の中がすっきりしてきます」(ジョセフ・マーフィー)   …

ありのままで生きる

「わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです」(オードリー・ヘップバーン) 「ローマの休日」で知られる英国の名女優 オード …

相手を否定せずに意見を伝える

「相手は間違っているかもしれないが、彼自身は自分が間違っているとは決して思っていない。だから、相手を非難しても始まらない」 (デール・カーネギー:米国の作家) 人との会話において、相手との意見が合わな …

相手になかなか伝わらないときは

「理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう」(瀬戸内寂聴) 「何度も言っているのに」相手がピンときていない。どうすれば伝わるのだろう・・・ そんな時は …

できない理由を出し尽くす

「できない理由ばかり言うな」 「言い訳ばかりして!」 「どうすればできるかを考えなさい」 「できるできないより、やるかやらないか」   そんな話をよく耳にするので、「できない理由」は良くないこととして …