自分軸を磨くために

ありのままで生きる

投稿日:2017年3月22日 更新日:

「わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです」(オードリー・ヘップバーン)

「ローマの休日」で知られる英国の名女優
オードリー・ヘップバーンは、
アカデミー賞、トニー賞、エミー賞、グラミー賞のすべてを受賞するなど、その功績も素晴らしいものです。

彼女は気品ある振る舞いで、いつも綺麗であり続ける姿が多くの男女を魅了しました。

彼女が残した「名言」は今も多くの人に影響を与え続けています。

https://matome.naver.jp/odai/2141355106309222101

僕が個人セッションや講座をしてよく感じるのは
「皆、自分の足りないところに悩んでいる」ことです。

ある人は自分の「思ったことをすぐ口に出す」ことに軽率さを感じて反省し、
ある人は「考えすぎて何も口に出来ない」ことに、悩んでいる。

どちらも、自分と違うタイプの人をうらやましく思っていることがよくあります。
これは、どちらも「個性」であって、良い悪いではない。
「直感に従う素早さ」が生きる場面もあるし、
「考えてから発言する慎重さ」が生きる場面だってある。

大切なのは、自分の「特性」を知りながら
「自分の得たいもの」に向かう
には、どうすればいいか?
を問い続けていくこと。

「人は皆、無いものねだり」そのことを理解して
「本当に得たいもの」に向かっていきましょう♪

コーチやカウンセラーの存在は
自分の特性をを見つけ、新しい一歩を踏み出す
そういう手助けになります。

もうひとりで抱え込むのはやめませんか。
今年ももう3月に入りました。

自分の人生を生きるために
今年こそは一歩前に踏み出してみませんか?

(写真はイタリア、ローマの風景)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

20秒の勇気

何かを始めたり、新しい場所に足を踏み入れたり、ピンときたことを人に伝えたりする時、   失敗したらどうしよう… 場違いな所だったらどうしよう… とんだ勘違いだったらどうしよう…   そんな心配ばっかり …

体と会話する感覚

僕は、中学・高校はサッカー、大学ではアウトドアの部活に所属していたので、もともと運動は好きだったのですが   社会人になってからは、朝から晩まで働いて、休日も仕事が増えていき、   運動をしなくなり、 …

大人になってからが・・

僕は子供の頃、夢がありませんでした。   勉強、運動、何をやっても中途半端。   そんな自分に劣等感を持っていて、10代で人生を諦めていました。   親世代を見ていて、苦しく働いている姿を見て、   …

楽しく続ける工夫

今朝は、お台場でランニングをしました☆   綺麗なランステーションも見つけて、そこから海浜公園を気持ち良く走りました♪   運動は、文字通り「運を動かす」と言われていて   滞った自分を変化させるのに …

とっさのときの反応

先ほど、新宿御苑近くを歩いていたら、突然、外国人の方に英語で道を聞かれました・・   とっさのことで、少しびっくりしましたが、自然に英語で説明している自分に気がつきました。   聞かれたのは、都庁の場 …