自分軸を磨くために

相手を否定せずに意見を伝える

投稿日:2017年4月18日 更新日:

「相手は間違っているかもしれないが、彼自身は自分が間違っているとは決して思っていない。だから、相手を非難しても始まらない」
(デール・カーネギー:米国の作家)

人との会話において、相手との意見が合わなかったり
こちらの考えがうまく伝わらないことがあります。

「そうなんですね、でも、私はこう考えています」
相手の話を聴いて、こちらの意見も伝えたい。
でも、反論しているように伝えると、相手が感情的になりかねない。

そんなときは、少し言い方を変えるだけで、相手の反応が違ってきます。

会話の途中の「でも」「そうじゃなくて」などの言葉をとる。

「そうなんですね、でも、私はこう考えています」
これを
「そうなんですね、私はこう考えています」

こうして、ちょっとした「否定的に感じさせる」
接続語を取り除いて話す。

これだけで、相手は「否定された」「反論された」
という気持ちになり難くなります。

慣れるまでは、ついつい言いそうになりますが、
「でも」「しかし」「そうじゃなくて」を飲み込む
そして、その後に言いたかった事だけ言う。

それをやっていくと、自分の意見が相手に素直に
聞き入れてもらい易くなります。

ちょっとした「意識」の違いが、大きな違いを生みます☆

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

すぐやる

これは僕が、ある成功者から教えてもらったことです。   いろいろなアドバイスや良い情報をもらって 「ありがとうございます」「やってみます」と言っておいて、なかなかやらない人が多い。   そんな話を聞き …

相手になかなか伝わらないときは

「理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう」(瀬戸内寂聴) 「何度も言っているのに」相手がピンときていない。どうすれば伝わるのだろう・・・ そんな時は …

アウトプットとは

「文章を書くことは、『考えること』です。文章を書くことによって、何が必要で、どうすればよいのか、アイデアが生まれてきます」(佐藤富雄:作家)   「アウトプット」の大切さは最近よく聴くかと思います。 …

共に成長していくもの

ゴールデンウィークも後半になりました。そして来週、5月14日は母の日です。 僕が実家を出てもう10年以上経ちました。それ以来、父の日、母の日にはプレゼントを送るくるようになりました。   実家を出た時 …

ありがとうの力

「ありがとう」と言う方は何気なくても、言われる方はうれしい、「ありがとう」これをもっと素直に言い合おう。(松下幸之助)   僕は以前、人に何かを頼むのが苦手で、何でも自分でやろうとしていました。   …