自分軸を磨くために

相手を否定せずに意見を伝える

投稿日:2017年4月18日 更新日:

「相手は間違っているかもしれないが、彼自身は自分が間違っているとは決して思っていない。だから、相手を非難しても始まらない」
(デール・カーネギー:米国の作家)

人との会話において、相手との意見が合わなかったり
こちらの考えがうまく伝わらないことがあります。

「そうなんですね、でも、私はこう考えています」
相手の話を聴いて、こちらの意見も伝えたい。
でも、反論しているように伝えると、相手が感情的になりかねない。

そんなときは、少し言い方を変えるだけで、相手の反応が違ってきます。

会話の途中の「でも」「そうじゃなくて」などの言葉をとる。

「そうなんですね、でも、私はこう考えています」
これを
「そうなんですね、私はこう考えています」

こうして、ちょっとした「否定的に感じさせる」
接続語を取り除いて話す。

これだけで、相手は「否定された」「反論された」
という気持ちになり難くなります。

慣れるまでは、ついつい言いそうになりますが、
「でも」「しかし」「そうじゃなくて」を飲み込む
そして、その後に言いたかった事だけ言う。

それをやっていくと、自分の意見が相手に素直に
聞き入れてもらい易くなります。

ちょっとした「意識」の違いが、大きな違いを生みます☆

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

人は過去を忘れる生き物、だから・・

「やってられないよ」と思ったとき、「でも俺、頑張ってるよな」とつぶやいてみてください。 「頑張ってる私って、結構いいな」と、自分を好きになってください。その方が生きやすくなるとは思いませんか? (松岡 …

自分の体で感じてみる

今日で4月も終わりなので近くの神社にお礼参りに行ってきました。   僕がお礼参りを始めてからもう2年が経ちます。   実際に手を合わせてお祈りする時間は数分間ですけれど、   その間に1ヶ月にあったこ …

たった数時間で、セルフイメージが変わる

自分の意見をはっきり言えない・・ 自信がなくて、なかなか新しいことにチャレンジできない・・ ちょっとしたミスで自分を責めて、落ち込みやすい・・ 自分は何がやりたいのか分からなくなった・・    これに …

イメージ・チェンジ

これは5年くらい前の話です。 「最近なんか表情よくなってきたね」とか「最近なんかいい感じだね」と言われるようになってきて、   自分でも心の中が良い方向に進んでるな、と感じたときに、もう一歩前に進むた …

楽しく続ける工夫

今朝は、お台場でランニングをしました☆   綺麗なランステーションも見つけて、そこから海浜公園を気持ち良く走りました♪   運動は、文字通り「運を動かす」と言われていて   滞った自分を変化させるのに …