自分軸を磨くために

相手を否定せずに意見を伝える

投稿日:2017年4月18日 更新日:

「相手は間違っているかもしれないが、彼自身は自分が間違っているとは決して思っていない。だから、相手を非難しても始まらない」
(デール・カーネギー:米国の作家)

人との会話において、相手との意見が合わなかったり
こちらの考えがうまく伝わらないことがあります。

「そうなんですね、でも、私はこう考えています」
相手の話を聴いて、こちらの意見も伝えたい。
でも、反論しているように伝えると、相手が感情的になりかねない。

そんなときは、少し言い方を変えるだけで、相手の反応が違ってきます。

会話の途中の「でも」「そうじゃなくて」などの言葉をとる。

「そうなんですね、でも、私はこう考えています」
これを
「そうなんですね、私はこう考えています」

こうして、ちょっとした「否定的に感じさせる」
接続語を取り除いて話す。

これだけで、相手は「否定された」「反論された」
という気持ちになり難くなります。

慣れるまでは、ついつい言いそうになりますが、
「でも」「しかし」「そうじゃなくて」を飲み込む
そして、その後に言いたかった事だけ言う。

それをやっていくと、自分の意見が相手に素直に
聞き入れてもらい易くなります。

ちょっとした「意識」の違いが、大きな違いを生みます☆

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

人間らしさ

僕はスポーツで学ぶことは多いな、といつも思うのですが 日本を代表するような名選手にも様々なドラマがあります。   例えば、 サッカー日本代表の香川真司   ドイツで実績を残し、イングランドの名門クラブ …

「常識」とは何か〜Everyone Knows?〜

僕が昨年、オーストラリアのゴールドコーストに訪れた時 電車やバスの中で、携帯電話で会話する人を何度も見かけました。 最初は、ちょっと違和感を感じたんですが 何の悪びれもせず会話する人を何度も見かけて …

人生を生きやすくするためのメソッド

「人は成功すると幸せになるのではなく、幸せな人が成功する。」(ショーン・エイカー:心理学者) 最近は、雨続きでせっかくの連休もがっかり。 そんか気持ちになる人も多いかもしれません。 「今日は天気が悪い …

大人になってからが・・

僕は子供の頃、夢がありませんでした。   勉強、運動、何をやっても中途半端。   そんな自分に劣等感を持っていて、10代で人生を諦めていました。   親世代を見ていて、苦しく働いている姿を見て、   …

自分のために、やりたいことをやる

「闘うのはあくまで自分のため、家族のためです。会社員の方だって同じじゃないですか。会社のために働けなんていわれても力が出ないでしょう」 (魔裟斗:キックボクシング選手) 僕は以前、「楽しむ=遊ぶ=いけ …