自分軸を磨くために

相手を否定せずに意見を伝える

投稿日:2017年4月18日 更新日:

「相手は間違っているかもしれないが、彼自身は自分が間違っているとは決して思っていない。だから、相手を非難しても始まらない」
(デール・カーネギー:米国の作家)

人との会話において、相手との意見が合わなかったり
こちらの考えがうまく伝わらないことがあります。

「そうなんですね、でも、私はこう考えています」
相手の話を聴いて、こちらの意見も伝えたい。
でも、反論しているように伝えると、相手が感情的になりかねない。

そんなときは、少し言い方を変えるだけで、相手の反応が違ってきます。

会話の途中の「でも」「そうじゃなくて」などの言葉をとる。

「そうなんですね、でも、私はこう考えています」
これを
「そうなんですね、私はこう考えています」

こうして、ちょっとした「否定的に感じさせる」
接続語を取り除いて話す。

これだけで、相手は「否定された」「反論された」
という気持ちになり難くなります。

慣れるまでは、ついつい言いそうになりますが、
「でも」「しかし」「そうじゃなくて」を飲み込む
そして、その後に言いたかった事だけ言う。

それをやっていくと、自分の意見が相手に素直に
聞き入れてもらい易くなります。

ちょっとした「意識」の違いが、大きな違いを生みます☆

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

たった数時間で、セルフイメージが変わる

自分の意見をはっきり言えない・・ 自信がなくて、なかなか新しいことにチャレンジできない・・ ちょっとしたミスで自分を責めて、落ち込みやすい・・ 自分は何がやりたいのか分からなくなった・・    これに …

相手になかなか伝わらないときは

「理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう」(瀬戸内寂聴) 「何度も言っているのに」相手がピンときていない。どうすれば伝わるのだろう・・・ そんな時は …

出会いのルーツをたどる

「人の運命は出会いで決まる事が多い。成功するか、失敗するかは、その出会いをどれだけ大事に出来るかであろう」(島村俊治:スポーツジャーナリスト) 僕は「マインドマップに書き留める」 のがあまり性に合わな …

身体で感じる喜び

It’s never too late to be who you might have been. 「なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない」(ジョージ・エリオット) 僕は30代の頃、よ …

あなたと全く違うタイプの人とあえて話しなさい

「あなたと全く違うタイプの人とあえて話しなさい」 「あなたが一番、嫌だなと感じる人と話しなさい」   これは僕が5年前にコーチングを学んだ時に、教えられたことです。   コーチングの講座では、受講生同 …