自分軸を磨くために

苦手は人のためになる

投稿日:2017年5月19日 更新日:

僕はかなりの方向音痴です。駅から徒歩3分と案内があっても初めての場所はほぼ100%迷って10分以上かかります。
 
だから僕は自分の講座の会場案内をする時は、なるべく最寄り駅からの実際のアングルを写真に撮って、ポイント、ポイントを写真付きで投稿することにしています。
 
あまりその場所を知らない人には有り難がられることが多いです。
 
それは僕自身がそうしてもらわないと分からないから
 
苦手なことがあると、その人の気持ちがわかる。だからなるべく分かりやすく伝えることが出来るようになるのです。
 
初めから簡単にできて要領の良い人は確かに凄いなぁと思うけれど
 
苦手な人に教えるときに、その人の気持ちが分からなかったりする
 
だから自分が苦手なことがあれば、それは同じ苦手な人と共感するためにあると思って、うまく活用すると人に喜ばれることが増えてきます。
 
正論ばかりを言われても人はなかなか納得はできない。
 
やはりその人の気持ちをどれだけ共感できるかが大切になります。
 
だからあなたが苦手だなと思ってることがあったら、それは「誰かの役に立つ」そう思って過ごしてみてください♪
 
(写真は実際に講座の会場案内に使ったものです)
 
☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆
【自分軸を身につけキラキラした自分の人生を送る】0期生‼
第三回 ~夢の叶え方~
6月11日(日)13:00-17:00 限定8名
 
お申し込みはこちらからお願いいたします:
https://www.facebook.com/events/294839840938041/
☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆
あなたのやる気と才能を引き出す
インスパイアコーチ 福元政隆 
http://max7masata.com/sample-page/
☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自分の欠点を受け入れる

「わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです」 (オードリー・ヘップバーン)   「ローマの休日」で知られる英国の名女優 …

絶対にゆずれないもの

僕は過去、5回ほど引っ越しをしていますが、20代、30代のときはなかなか部屋選びが上手くできませんでした。   なんとなく家賃いくらで、これぐらいの広さでと考えていたら、 いざ物件を見に行ってみると、 …

ボトルネックを生かす

資格の勉強とか運動を始めようと始めたけれど、結局長続きしない。    何回もやろうと思って始めて何ヶ月か経って、いつの間にかやめている。 今思ったら過去10年でそんなことが何回もあったな、と思う。 自 …

勘違いしがちな「常識」〜Common Sense〜

僕が昔、悩んだり傷つきやすかったのは 「常識」「当たり前」「当然」「普通」を勘違いしていたから。 (⇨以後、総称として「常識」とします) 僕にとっての「常識」は 友達や家族には「常識」ではなかったり …

あなたの才能と特性

「今あなたが持っているものに感謝すれば、もっと多くのものを手にすることができるでしょう。もし、あなたが持っていないものを気にしすぎたら、決して満足は得られないわ」(オプラ・ウィンフリー) オプラ・ウィ …