自分軸を磨くために

今を生きる

投稿日:2017年3月16日 更新日:

『未来とは、今である』
(マーガレット・ミード)

「今を生きる」という名作映画がありました。
僕が大好きな俳優、 ロビン・ウィリアムズの名演が光る映画でした。

そこでの名言を少しご紹介します。

「今日を楽しめ。自分自身の人生を忘れがたいものにするのだ」

「きみたちの目標は、自分の声を見つけることだ。さがすのを先に延ばせば延ばすだけ、自分の声は見つかりにくくなる」

「今を生きろ!今日を掴め!己の道を行け!」

沢山の先輩、祖先のおかげでいまの時代がある。
この恵まれた環境がある。
今まで自分が頑張ってきた結果でもある。

未来に向かって、今日も前に進んでいく

そのなかに
「どんな状況にもありがたいと思える」
「今この状況を楽しく過ごす」
その気持ちをもって毎日を大事に過ごす。

その積み重ねが「人生」になるのだと思います。

どんな状況でも「笑顔」を大切にしていきたい。

そう感じた今日でした☆

(写真は2年前にスカイダイビングをしたときのヘリコプター内にて。怖くて震えてましたが、笑顔で乗り切りました♪)

 

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

相手になかなか伝わらないときは

「理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう」(瀬戸内寂聴) 「何度も言っているのに」相手がピンときていない。どうすれば伝わるのだろう・・・ そんな時は …

笑顔の奥にあるもの

僕の父親はもう引退して70半ばですが、現役中はある大企業に勤めていました。   50代くらいからは仕事を休むことが多く、苦しく出勤している姿をよく見ました。   「仕事は苦しいもの」 その観念が、僕に …

勘違いしがちな「常識」〜Common Sense〜

僕が昔、悩んだり傷つきやすかったのは 「常識」「当たり前」「当然」「普通」を勘違いしていたから。 (⇨以後、総称として「常識」とします) 僕にとっての「常識」は 友達や家族には「常識」ではなかったり …

たった数時間で、セルフイメージが変わる

自分の意見をはっきり言えない・・ 自信がなくて、なかなか新しいことにチャレンジできない・・ ちょっとしたミスで自分を責めて、落ち込みやすい・・ 自分は何がやりたいのか分からなくなった・・    これに …

相手にどう分かってもらうか

「相手を説得する場合、激しい言葉をつかってはならぬ。結局は恨まれるだけで物事が成就できない」 (坂本龍馬) 人に何かをしてもらいたい、成長してもらいたい時は 説得するよりも、教えるよりも、気づいてもら …