自分軸を磨くために

簡単なアウトプットの方法

投稿日:2017年3月24日 更新日:

「ぼくは天才ではありません。なぜかというと、自分がどうしてヒットを打てるかを説明できるからです」(イチロー)

「アウトプットする」大事さは
最近よく聴く話だと思います。

インプットしたことを人に伝えようとするとき、
はじめて人の脳は整理をするから。

この話をすると、
SNSやブログで発信したり、
人に自己開示することを
「アウトプット」と捉えて、
なかなかできない方がいます。

僕がおすすめしているのは
「自分にメールを送る」です。

自分で文章を作って、
自分のメールアドレスにメールを送るのです。

誰かに見せるわけでもなく、
誰かに話すわけでもなく
「自分の中に溜まったもの」
を出すために
するのです。

溜まった感情、モヤモヤする想い、
怒り、嘆き、悩み、嬉しかったこと
何でもいいので、取り留めもなく書いてみる。

そうやって、自分の想いや考えを
「アウトプット」すると
だんだん自分の頭がスッキリしてきて、
自分で気づくことも増えてきます。

書く方がやりやすい、という方は
ノートに書き出すのでもいいと思います。

溜め込まずに、出す。

これをやっていくと、
自分の心と向き合う習慣もついてきます。

一日3分のアウトプット。

これだけでも続けていくと、
心がスッキリしていく
そんな感覚が得られてきます。

(写真は、以前行った黒部ダムの様子。資源を溜めるのは大事ですが、頭はスッキリがいいですね♪)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

才能を開花させるために

「100回叩くと壊れる壁があったとする。でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、99回まで来ていても途中であきらめてしまう」 (松岡修造:プロテニス選手) 僕は以前、ある人気コーチの方にお聞きした …

主体的に生きる

10年近く前、僕はリーダーには なれないって思っていました。 その気持ちの奥には 「リーダーは周りの人よりも何でもできる、何でも知っているスーパーマンのような人がなるもの」 と思っていました。 でも、 …

苦手は人のためになる

僕はかなりの方向音痴です。駅から徒歩3分と案内があっても初めての場所はほぼ100%迷って10分以上かかります。   だから僕は自分の講座の会場案内をする時は、なるべく最寄り駅からの実際のアングルを写真 …

本気で遊ぶ

「年をとったから遊ばなくなるのではない。遊ばなくなるから年をとるのだ」 (バーナード・ショー:アイルランドの劇作家) 僕は過去10年で1,500人以上の方とお会いしてきました。 様々な職業や生き方をさ …

湾岸の絶景を楽しむランニング

今日は、お台場で朝ラン&ブランチ会を開催しました。   急遽の開催にも関わらず、ランナーズマイスター資格をお持ちの米田進さんも来ていただき   お台場の景気を楽しみながら、ランニングをしました♪   …