自分軸を磨くために

アウトプットとは

投稿日:2017年4月28日 更新日:

「文章を書くことは、『考えること』です。文章を書くことによって、何が必要で、どうすればよいのか、アイデアが生まれてきます」(佐藤富雄:作家)
 
「アウトプット」の大切さは最近よく聴くかと思います。
「アウトプット」は言い換えると「思考の言語化」
 
「言語化=自分の言葉にする」ときに、人の頭ははじめて整理されます。
アウトプットするだけで、問題が解決してしまった・・という事も結構あります。
 
人はインターネットやTV、本から知識を得たつもりでも、ほとんどが身につかない。
 
それは、自分の中で「言語化」「整理」ができていないからです。
 
いわゆる「考えているつもり」「分かったつもり」では、ほとんど頭に残らない。
 
よく、難しい漢字を「読む」ことはできても、「書く」ことができない。そんな経験があるかと思います。これも、きっちりと頭で整理、理解をしていないからです。
 
以前の投稿で、SNSやブログでアウトプットできなくても、「自分で自分にメールを送る」方法をお伝えしました。
 
誰かに見せなくてもいいので、自分の頭の整理のために、アウトプットする。
 
これを実践された方に「良かった」「スッキリした」と言ってもらえて嬉しかったです♪
    
そこで・・もう一つのアウトプットをお伝えします。
 
応用として、「何かを読んで、それについてアウトプットする」ことも、とても役に立ちます。
  
「この本すごく良かった」「このメルマガとても勉強になった」「このブログにめっちゃ感動した」「勉強になったけど・・なんか少しモヤモヤする」
 
そんな風に感じたことを、それだけで終わらせないで、思いついたままでいいので、アウトプットしてみる。文章にしてみる。
 
単なる復唱でもいい。要約でもいい。感想でも気づきでもいい。こんなときに使おう!と書いてもいい。
 
定期的に届くメルマガに、自分のコメントを書き足して、自分にメールするのもいいです。
 
そうやってアウトプットをしていくと、より理解が進み、自分のためにもなるし、誰かにポイントを伝えやすくなります。
 
人は学んだことを翌日には70%以上忘れてしまうそうです。
 
だからこそ、アウトプットすることで、「記憶の定着化=頭にきっちりインプットされる」ことにもなります。
 
何か知識や情報を得たら、すぐにアウトプット。
 
1回3分で出来るこのアウトプット、仕事の合間にでも、ぜひやってみてください。
 
インプット(入力)とアウトプット(出力)をセットにすると、頭がすっきりクリアになってきます♪
 
 
(写真はバンクーバーマラソンに参加した際のレセプション会場にて。「あなたは何を求めているの?」の質問に沢山の人がアウトプットを書き込んでいました☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

感情の扱い方

怒り、悲しみ、楽しい、嬉しいなどの感情は 「あなたが、無意識に選んでいる」 そして 「意識的に、その感情を変えることができる」 というのはご存知でしょうか? 僕も以前は、自分の「感情」を変えるなんて …

頭が凝り固まったときは

「いやな感情で頭がいっぱいのとき、何も考えないで窓をみがいたり、スポーツに熱中したり、好きな食べ物を食べたり、肉体労働をしたりしてごらんなさい。頭の中がすっきりしてきます」(ジョセフ・マーフィー)   …

不得意なことに財産がある

「遠回りしながらも、もがいて身につけたものの方が、簡単に得たものよりも後々まで役立ちます」 (羽生善治:将棋棋士、十九世名人)   誰でも苦手なこと、不得意なことがあり、それに悩んだこともあるかと思い …

ゴキゲンな自分になる

「人の機嫌をとる」という言葉があります。 身近な家族や同僚、友達が 「不機嫌」や「ご機嫌が斜め」のとき その人をなだめたり、元気づけたり、笑わせたり ご機嫌をあげていく工夫をするかと思います。 「不機 …

スペースをつくる

今日はゴールデーンウィーク中ですが、一日ひたすら掃除をしました。 かなりのモノを捨てました。以前に比べて普段から捨てているつもりだったのですが、結構な量のゴミが出ました。    その大半のものは過去に …