自分軸を磨くために

絶対にゆずれないもの

投稿日:2017年5月4日 更新日:

僕は過去、5回ほど引っ越しをしていますが、20代、30代のときはなかなか部屋選びが上手くできませんでした。
 
なんとなく家賃いくらで、これぐらいの広さでと考えていたら、
いざ物件を見に行ってみると、
  
やっぱり1階は嫌だ、
トイレとお風呂は別の方がいい、
駅から遠すぎる、
近くにお店がない、
もう少し収納スペースがあったほうがいい・・・
 
そうやって条件をどんどん重ねていくと、
家賃がどんどん上がっていって、物件もどんどん少なくなっていく。
 
そうやって悩んで悩んで、これだと言う物件を見つけていく作業はとても時間のかかるものでした。
  
最近は物件検索サイトも高度になっていて、
「こだわり条件」がかなり詳細に選べます。
  
選べる条件はパッと見ても30種類以上あります。
インターネット検索が普通になって、検索システムも日々進化しています。
 
部屋選びに限らず、人は皆、「自分のこだわり」があります。
 
「欲しいもの」「やりたいこと」
僕が個別相談を受けて、そんな話を聴いていると、
 
質問して掘っていかないと分からない、結構あいまいな場合が多々あります。
 
最初に出された願望に対して
「じゃあ、こうすればいいんじゃない?」と言うと
「いや、そうじゃなくて・・」
と聞いていなかった条件がどんどん出てきたりします。
   
だからあなたがもし、これから先、「欲しいもの」「やりたいこと」があるなら
  
その裏にある、「絶対にゆずれない、自分だけのこだわり条件」を書き出してみる。

  
そうしておくと、自分のアンテナが自然と立ってきて、思わぬ所からチャンスが巡ってくるかもしれません。
 
(写真は以前に引越したときの写真。生活スタイルを変えるために4年ぶりに引越しを考えてる最中です♪)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

人間万事塞翁が馬

僕の父は70代半ばですが、鹿児島県生まれで、いわゆる亭主関白。そんな家庭で僕は育ちました。 いつも口数が少なくて、口を開いても厳しいことばかり。子供にとっては近寄りがたい存在でした。 父とはまともに人 …

ポジティブ(幸せ)な感情を増やすメリットとは?

「やろうと思っていても、なかなか始められない」 「やり始めたけれど、すぐやめてしまった」 新しい習慣を始めるときに、よくそんな話を聞きます。 そんなときは 「新しい行動を増やそう」とするよりも 「普段 …

ボトルネックを生かす

資格の勉強とか運動を始めようと始めたけれど、結局長続きしない。    何回もやろうと思って始めて何ヶ月か経って、いつの間にかやめている。 今思ったら過去10年でそんなことが何回もあったな、と思う。 自 …

ネガティブな感情との付き合い方

「すべてをポジティブに捉える必要はありません。落ち込むときはとことん落ち込めばいいし、気持ちが下がるところまで下がったらあとは上がるだけなので、もがいて、苦しんだほうが壁を乗り越えられるはずです。自分 …

やる気と集中力を上げるために

最近、ノマド生活者が増えて、どこのカフェに行っても人で一杯・・ 作業に集中したいのに、場所がない・・ だったら、どこでもカフェ気分になれる方法を考えよう!   ・・ということで カフェ気分で集中できる …