自分軸を磨くために

絶対にゆずれないもの

投稿日:2017年5月4日 更新日:

僕は過去、5回ほど引っ越しをしていますが、20代、30代のときはなかなか部屋選びが上手くできませんでした。
 
なんとなく家賃いくらで、これぐらいの広さでと考えていたら、
いざ物件を見に行ってみると、
  
やっぱり1階は嫌だ、
トイレとお風呂は別の方がいい、
駅から遠すぎる、
近くにお店がない、
もう少し収納スペースがあったほうがいい・・・
 
そうやって条件をどんどん重ねていくと、
家賃がどんどん上がっていって、物件もどんどん少なくなっていく。
 
そうやって悩んで悩んで、これだと言う物件を見つけていく作業はとても時間のかかるものでした。
  
最近は物件検索サイトも高度になっていて、
「こだわり条件」がかなり詳細に選べます。
  
選べる条件はパッと見ても30種類以上あります。
インターネット検索が普通になって、検索システムも日々進化しています。
 
部屋選びに限らず、人は皆、「自分のこだわり」があります。
 
「欲しいもの」「やりたいこと」
僕が個別相談を受けて、そんな話を聴いていると、
 
質問して掘っていかないと分からない、結構あいまいな場合が多々あります。
 
最初に出された願望に対して
「じゃあ、こうすればいいんじゃない?」と言うと
「いや、そうじゃなくて・・」
と聞いていなかった条件がどんどん出てきたりします。
   
だからあなたがもし、これから先、「欲しいもの」「やりたいこと」があるなら
  
その裏にある、「絶対にゆずれない、自分だけのこだわり条件」を書き出してみる。

  
そうしておくと、自分のアンテナが自然と立ってきて、思わぬ所からチャンスが巡ってくるかもしれません。
 
(写真は以前に引越したときの写真。生活スタイルを変えるために4年ぶりに引越しを考えてる最中です♪)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

笑顔の奥にあるもの

僕の父親はもう引退して70半ばですが、現役中はある大企業に勤めていました。   50代くらいからは仕事を休むことが多く、苦しく出勤している姿をよく見ました。   「仕事は苦しいもの」 その観念が、僕に …

相手になかなか伝わらないときは

「理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう」(瀬戸内寂聴) 「何度も言っているのに」相手がピンときていない。どうすれば伝わるのだろう・・・ そんな時は …

三日坊主から抜け出す方法

「最初から多くのことを成し遂げようとして極端な努力をすると、たちまちのうちに全てを放棄することになる」 (チャーリー・チャップリン) 以前僕は、「何をやっても長続きしない」ことに悩んでいました。 いわ …

計測を習慣にする

自分の状態を客観的に知るためには、数字化しておくことがひとつ方法としてあります。   毎日体重計に乗る、というのもそうです。   スマホのアプリを活用すると、簡単に計測や記録が出来て便利なものがります …

人生の豊かさ

My life didn’t please me, so I created my life. 「私の人生は楽しくなかった。だから私は自分の人生を創造したの」(ココ・シャネル) 僕は20代の頃、とにか …