幸せを感じて過ごす 自分軸を磨くために

ポジティブ(幸せ)な感情を増やすメリットとは?

投稿日:

「やろうと思っていても、なかなか始められない」
「やり始めたけれど、すぐやめてしまった」
新しい習慣を始めるときに、よくそんな話を聞きます。

そんなときは
「新しい行動を増やそう」とするよりも
「普段している行動と置き換える」とやり易くなります。

例えば
「英語を勉強する」のであれば
「電車でスマホを見る→電車で英語を勉強する」

「始める」と「やめる」をセットにして行動を置き換える。
そうすると、なんとなく使っていた時間を有効利用することも出来ます。

これは「禁酒」「禁煙」をしたいときに
ノンアルコール飲料、パイポに置き換えるのと同じ原理ですね。

この置き換えは「感情」についても使うことができます。

人は二つの感情を「同時に」感じることはできません。
「悲しい」感情を感じながら「嬉しい」感情を感じたり
「怒り」の感情を感じながら「喜び」の感情を感じることはできません。

「怒り」「悲しみ」「落ち込み」などの
ネガティブな感情を感じたくなければ
ポジティブな感情を感じる時間を
増やしていけばいいのです。

「気持ちを切り替える」という言葉があります。
人は、意識的にそれまでに引きずってきた
「気持ち=感情」を切り替えることができます。

日常の中で、ポジティブな感情に切り替える
工夫を行っていけばその時間が増えていき、
自然にネガティブな感情を感じる時間が
少なくなってきます。

自分の中で、
「嬉しい」「楽しい」などのポジティブな感情に
切り替えるスイッチをみつけて、
意識的に使っていくと、一日一日が
充実した満たされたものになっていきます。

最後にアメリカの心理学者、ウィリアム・ジェームスの言葉をお届けします。

「幸福な人生を阻む大敵は外にあるのではなく、内にある。すなわち、あなたの心の中に潜んでいる」

今日も幸せいっぱいの一日をお過ごしください♪

-幸せを感じて過ごす, 自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ありのままで生きる

「わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです」(オードリー・ヘップバーン) 「ローマの休日」で知られる英国の名女優 オード …

幸せの見つけ方

「過去へさかのぼりましょう。小さかったときに何に幸せを感じたのかをさがすの。私たちはみんな成長した子供。本当に。だから人は回想し、愛したものや気付いた現実を探し求めるべきなのです」 (オードリー・ヘッ …

ワクワクする純粋な気持ち

「あなたはもうすでに成功しているんです」 「こうやって休日をゆっくり過ごせるだけの十分な収入があるじゃないですか」 「だから、純粋に心から楽しいことをやってみてください」 過去のキャリアばかり生かそう …

苦手は人のためになる

僕はかなりの方向音痴です。駅から徒歩3分と案内があっても初めての場所はほぼ100%迷って10分以上かかります。   だから僕は自分の講座の会場案内をする時は、なるべく最寄り駅からの実際のアングルを写真 …

近代的な路面電車

ゴールドコースト市街地は交通機関が便利でトラムと言われる路面電車は、特に近代的で素晴らしかったです。 日本で路面電車と言えば、地方都市の昭和の雰囲気ですがこんなに近代的なものもあるとは! 約7分おきに …