幸せを感じて過ごす 自分軸を磨くために

ポジティブ(幸せ)な感情を増やすメリットとは?

投稿日:

「やろうと思っていても、なかなか始められない」
「やり始めたけれど、すぐやめてしまった」
新しい習慣を始めるときに、よくそんな話を聞きます。

そんなときは
「新しい行動を増やそう」とするよりも
「普段している行動と置き換える」とやり易くなります。

例えば
「英語を勉強する」のであれば
「電車でスマホを見る→電車で英語を勉強する」

「始める」と「やめる」をセットにして行動を置き換える。
そうすると、なんとなく使っていた時間を有効利用することも出来ます。

これは「禁酒」「禁煙」をしたいときに
ノンアルコール飲料、パイポに置き換えるのと同じ原理ですね。

この置き換えは「感情」についても使うことができます。

人は二つの感情を「同時に」感じることはできません。
「悲しい」感情を感じながら「嬉しい」感情を感じたり
「怒り」の感情を感じながら「喜び」の感情を感じることはできません。

「怒り」「悲しみ」「落ち込み」などの
ネガティブな感情を感じたくなければ
ポジティブな感情を感じる時間を
増やしていけばいいのです。

「気持ちを切り替える」という言葉があります。
人は、意識的にそれまでに引きずってきた
「気持ち=感情」を切り替えることができます。

日常の中で、ポジティブな感情に切り替える
工夫を行っていけばその時間が増えていき、
自然にネガティブな感情を感じる時間が
少なくなってきます。

自分の中で、
「嬉しい」「楽しい」などのポジティブな感情に
切り替えるスイッチをみつけて、
意識的に使っていくと、一日一日が
充実した満たされたものになっていきます。

最後にアメリカの心理学者、ウィリアム・ジェームスの言葉をお届けします。

「幸福な人生を阻む大敵は外にあるのではなく、内にある。すなわち、あなたの心の中に潜んでいる」

今日も幸せいっぱいの一日をお過ごしください♪

-幸せを感じて過ごす, 自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「常識」とは何か〜Everyone Knows?〜

僕が昨年、オーストラリアのゴールドコーストに訪れた時 電車やバスの中で、携帯電話で会話する人を何度も見かけました。 最初は、ちょっと違和感を感じたんですが 何の悪びれもせず会話する人を何度も見かけて …

人生を変えるために大切なこと

「一歩踏み出せるなら、もう一歩も踏み出せる」 (トッド・スキナー:フリークライマー) 今日は3月5日に第1回を開催した講座に ご参加頂いた方とのシェア会でした。 シェア会のコンセプトは 「非日常の空間 …

まわりにリクエストしてみる

相手が私の気持ちをわかってくれない… 私がして欲しいことをなかなか気づいてくれない… そんな風に思うこともあるかと思います。    でもそうやって、察して欲しいと待っていても、なかなか物事は進まない。 …

人生の豊かさ

My life didn’t please me, so I created my life. 「私の人生は楽しくなかった。だから私は自分の人生を創造したの」(ココ・シャネル) 僕は20代の頃、とにか …

人生を楽しむ心

「何より大事なのは、人生を楽しむこと。幸せを感じること、それだけです」 (オードリー・ヘップバーン) もう何年も前、あるミリオネアの方と話をしたことがあります。 「自分はこれから何をしたいのか、分から …