幸せを感じて過ごす 自分軸を磨くために

ポジティブ(幸せ)な感情を増やすメリットとは?

投稿日:

「やろうと思っていても、なかなか始められない」
「やり始めたけれど、すぐやめてしまった」
新しい習慣を始めるときに、よくそんな話を聞きます。

そんなときは
「新しい行動を増やそう」とするよりも
「普段している行動と置き換える」とやり易くなります。

例えば
「英語を勉強する」のであれば
「電車でスマホを見る→電車で英語を勉強する」

「始める」と「やめる」をセットにして行動を置き換える。
そうすると、なんとなく使っていた時間を有効利用することも出来ます。

これは「禁酒」「禁煙」をしたいときに
ノンアルコール飲料、パイポに置き換えるのと同じ原理ですね。

この置き換えは「感情」についても使うことができます。

人は二つの感情を「同時に」感じることはできません。
「悲しい」感情を感じながら「嬉しい」感情を感じたり
「怒り」の感情を感じながら「喜び」の感情を感じることはできません。

「怒り」「悲しみ」「落ち込み」などの
ネガティブな感情を感じたくなければ
ポジティブな感情を感じる時間を
増やしていけばいいのです。

「気持ちを切り替える」という言葉があります。
人は、意識的にそれまでに引きずってきた
「気持ち=感情」を切り替えることができます。

日常の中で、ポジティブな感情に切り替える
工夫を行っていけばその時間が増えていき、
自然にネガティブな感情を感じる時間が
少なくなってきます。

自分の中で、
「嬉しい」「楽しい」などのポジティブな感情に
切り替えるスイッチをみつけて、
意識的に使っていくと、一日一日が
充実した満たされたものになっていきます。

最後にアメリカの心理学者、ウィリアム・ジェームスの言葉をお届けします。

「幸福な人生を阻む大敵は外にあるのではなく、内にある。すなわち、あなたの心の中に潜んでいる」

今日も幸せいっぱいの一日をお過ごしください♪

-幸せを感じて過ごす, 自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

相手にどう分かってもらうか

「相手を説得する場合、激しい言葉をつかってはならぬ。結局は恨まれるだけで物事が成就できない」 (坂本龍馬) 人に何かをしてもらいたい、成長してもらいたい時は 説得するよりも、教えるよりも、気づいてもら …

憧れだった気球

ゴールドコーストでの滞在5日目。 念願だった気球にはじめて乗りました!!((o(^∇^)o)) ゴールドコースト市街地からバスで約1時間。 広大な牧草地帯から約30分のフライトでした。 25人乗りの気 …

相手を否定せずに意見を伝える

「相手は間違っているかもしれないが、彼自身は自分が間違っているとは決して思っていない。だから、相手を非難しても始まらない」 (デール・カーネギー:米国の作家) 人との会話において、相手との意見が合わな …

問題をすり抜ける

僕は以前、なにか問題が起こるたびに、その問題を一つ一つクリアをしなければ次に進めない、そのように考えていました。   でもある方に教えていただきました。   「問題は全て解決する必要はない」 次のステ …

小さな目標

「まずは小さな目標からだ。あまりに遠い道のりに気が滅入りそうになるたびに、自分にそう言い聞かせた。まずは小さな目標からだと」 (モニカ・セレシュ:テニスプレーヤー) 僕は子供の頃は「夢」がありませんで …