自分軸を磨くために

相手になかなか伝わらないときは

投稿日:2017年4月23日 更新日:

「理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう」(瀬戸内寂聴)

「何度も言っているのに」相手がピンときていない。どうすれば伝わるのだろう・・・

そんな時は、伝え方を変えてみることをおすすめします。

人それぞれ「言葉」の意味が違う。視覚、聴覚などの感覚も違う。

例えば「ついつい電話で話そうとする」「言葉で説明しようとする」人が相手にうまく伝わらないとき

「目で見えるものにして説明する」方法に変えたら、上手く伝わるようになります。

「山」という言葉でも、人によって「連想」するものが違う。

「試行錯誤」という言葉よりも、「色々とやってみて、正解を見つけていく」と伝えた方が理解してもらい易い場合もある。

「迅速に作業を終わらせて」よりも「ササッと終わらせて」の方が、伝わりやすい人もいる。

だから、もしあなたの伝えたいことが、「何度も言っているのに」伝わらないなら伝え方を変えてみる。

「言葉」で伝わらないなら、「図」「写真」で説明してみる。

「漢字」で伝わらないなら、「ひらがな」「カタカナ」で説明してみる。

「図」や「言葉」で伝わらないなら、「身体の動き」で説明してみる。

「難しくて」伝わらないなら、例え話で説明してみる。

そうやって、説明していくと、「やっと言いたいことが分かった」と言ってもらえることが増えていきます。

すべての人は「頭の中の地図が違う」「優先的に使う五感が違う」、これはNLPという心理学で学ぶことです。

だからもし、あなたが周りの人に、もっと理解してもらいたいなら「伝え方を変える」ことを意識してみてください。工夫してみてください。

「私が伝えたいことを、別な表現をするなら・・・(* ゚∀゚)!!」

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

問題をすり抜ける

僕は以前、なにか問題が起こるたびに、その問題を一つ一つクリアをしなければ次に進めない、そのように考えていました。   でもある方に教えていただきました。   「問題は全て解決する必要はない」 次のステ …

相手にどう分かってもらうか

「相手を説得する場合、激しい言葉をつかってはならぬ。結局は恨まれるだけで物事が成就できない」 (坂本龍馬) 人に何かをしてもらいたい、成長してもらいたい時は 説得するよりも、教えるよりも、気づいてもら …

自分のために、やりたいことをやる

「闘うのはあくまで自分のため、家族のためです。会社員の方だって同じじゃないですか。会社のために働けなんていわれても力が出ないでしょう」 (魔裟斗:キックボクシング選手) 僕は以前、「楽しむ=遊ぶ=いけ …

頭が凝り固まったときは

「いやな感情で頭がいっぱいのとき、何も考えないで窓をみがいたり、スポーツに熱中したり、好きな食べ物を食べたり、肉体労働をしたりしてごらんなさい。頭の中がすっきりしてきます」(ジョセフ・マーフィー)   …

人生を生きやすくするためのメソッド

「人は成功すると幸せになるのではなく、幸せな人が成功する。」(ショーン・エイカー:心理学者) 最近は、雨続きでせっかくの連休もがっかり。 そんか気持ちになる人も多いかもしれません。 「今日は天気が悪い …