自分軸を磨くために

自分の性格を生かす

投稿日:2017年4月24日 更新日:

「自分を隠さない。気が弱いんだったら弱いまま。興奮しすぎるんだったらしすぎるまま。短所はない特徴だけがある。特徴をすんなりと生かした選手がグラウンドで輝く」
(為末大:陸上選手)

 
日常、どんな「言葉」を使うか、それが大きな違いを生む。
 
どんな事にも「表と裏」「ポジティブとネガティブ」の意味がある。
 
例えば「決断力がある」の反対は「決断力がない」ではなく
 
「慎重である」「保守的である」とも言える。
どちらも一長一短の性質を持っている。
 
「決断力がある」人は、素早い決断を求められる社長や、革新的な時代、業界に向いている。
 
「慎重である」人は、成熟期にに入ったものを、リスクを察知して守ることに向いている。
 
自分の性格、性質はいつも「一長一短」
 
場所や場面が変われば、どちらも役割を発揮できる。
 
よく複数人で会話をしていると、このギャップで悩んでいる方が多いです。
 
「決断力のある人」は、軽率な行動をしてしまう事に悩み
 
「慎重な人」は、すぐに決められない事に悩んでいる。
 
もちろん、場面場面で必要な性質になれたら一番いいかもしれない。
 
でもそんな、野球で言えば、監督もピッチャーもバッターも全部一流のスーパーマンになろうとするよりも、「自分の性質」を理解して、認める方がずっといい。
 
人間はどんなことがあっても「社会」で生きる事しかできない。
 
ひとりで生活しているつもりでも、多くの人々の見えない「頑張り」「役割」によって成り立っている。
 
だから「自分の性質」を理解して、補ってくれる人との関係を大切にする。
 
支えてくれる人に感謝する。自分と違う役割をしてくれる人を喜んで受け入れる。
 
だからもし、自分の性格の「短所」にばかり焦点を当てているなら、問いかけてください。
 
 
「私のこの性格は、どんな場面で生かせるだろう?」

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

相手を否定せずに意見を伝える

「相手は間違っているかもしれないが、彼自身は自分が間違っているとは決して思っていない。だから、相手を非難しても始まらない」 (デール・カーネギー:米国の作家) 人との会話において、相手との意見が合わな …

問題をすり抜ける

僕は以前、なにか問題が起こるたびに、その問題を一つ一つクリアをしなければ次に進めない、そのように考えていました。   でもある方に教えていただきました。   「問題は全て解決する必要はない」 次のステ …

ワクワクする人生はどう生み出すか

「幸福な人生を阻む大敵は外にあるのではなく、内にある。すなわち、あなたの心の中に潜んでいる」 (ウィリアム・ジェームズ) 僕は10年以上前、20代の頃はとにかくダメダメな私生活を送っていました。「人生 …

三日坊主から抜け出す方法

「最初から多くのことを成し遂げようとして極端な努力をすると、たちまちのうちに全てを放棄することになる」 (チャーリー・チャップリン) 以前僕は、「何をやっても長続きしない」ことに悩んでいました。 いわ …

相手にどう分かってもらうか

「相手を説得する場合、激しい言葉をつかってはならぬ。結局は恨まれるだけで物事が成就できない」 (坂本龍馬) 人に何かをしてもらいたい、成長してもらいたい時は 説得するよりも、教えるよりも、気づいてもら …