自分軸を磨くために

自然の偉大さを知る

投稿日:2017年4月20日 更新日:

「人生はいたって単純。競争なんて本当は存在しないし、勝たなきゃいけないレースもない」
(スーザン・サマーズ:米国の女優、作家)

僕は以前、人間関係や仕事、趣味など色々なことに頑張りすぎて、
自分の気持ちに向き合わず我慢しすぎて、「電池切れ」になったことがありました。

電気のブレーカーが落ちたように、力がでなくなった時がありました。

そんなとき、今までの「やらなきゃ」「こうしなきゃ」とか「こんなことしたらダメ」「そんなことできない」を捨てて、ゆったり、ゆっくり、穏やかな時間を過ごしてみました。

大きな公園に行って、芝生の上に「大の字」に寝そべって、
鳥のさえずりを聞いて、心地よい空気を吸って、
「地球と一体になる感覚」を感じて、ゆっくりしました。

池を眺めていたら、鴨がゆっくりと泳いでいる。
木を見たら、様々な種類の鳥がいる。
植物も木々もみんな様々で、一体となって生きている。

そんなことを肌で感じたら、
「みんな、違っていいんだな」
「何で人と比べてばかりで、苦しんでいたんだろう」

そんな気持ちがジワジワと込み上げてきて、
癒されるような、穏やかな気持ちになれました。

もしあなたが今、知らず知らずに頑張って
安らぎの時間が持てていないなと感じるなら

たまには、自然に触れて、「地球の存在」の大きさを感じてみてください。

生物が皆、好きなように生きて、「補完=補い合って生きている」ことを感じてみてください。

頭で考えるよりも、「身体で感じる」時間を創ってみてください。
きっと清々しい、スッキリした気持ちで、生きている喜びを実感できると思います♪

(写真は数年前にカナダ、バンクーバーに行った時のもの。バンクーバーは自然と触れ合える場所が沢山あってとても心地よい場所でした☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アウトプットとは

「文章を書くことは、『考えること』です。文章を書くことによって、何が必要で、どうすればよいのか、アイデアが生まれてきます」(佐藤富雄:作家)   「アウトプット」の大切さは最近よく聴くかと思います。 …

もっと自分を好きになって、どんどん行動できるようになる方法

「マイナスの出来事に対して自分を許すことで、落ち込むことが少なくなり、気持ちをニュートラルに維持できるようになりました。 また、自分自身の深層にある願望に気づき、一歩を踏み出すことによって状況が動きだ …

自分を好きになって、自分らしく生きる

「藁(わら)にもすがる想い」 この言葉を心の底から感じた時期が、僕にはありました。 10年ほど前、僕が転職をしたとき、 新しい職場の環境になじめず 仲間に入れてもらえず、強烈な孤独を感じました。 「こ …

早さはどこからくるか

よく仕事が早い、仕事が遅いと言うことがあります。「その違いは何なんだろう」僕はそんな疑問が湧いたことがありました。   確かに長い経験を積み重ねて、人とは思えないようなスピードで手が動くとか、達人的な …

ありがとうの力

「ありがとう」と言う方は何気なくても、言われる方はうれしい、「ありがとう」これをもっと素直に言い合おう。(松下幸之助)   僕は以前、人に何かを頼むのが苦手で、何でも自分でやろうとしていました。   …