自分軸を磨くために

スペースをつくる

投稿日:2017年5月7日 更新日:

今日はゴールデーンウィーク中ですが、一日ひたすら掃除をしました。
かなりのモノを捨てました。以前に比べて普段から捨てているつもりだったのですが、結構な量のゴミが出ました。
  
その大半のものは過去に自分が記録したノート、本でした。
 
もちろんデータや写真で残ってるものは、今もちゃんと取ってあるけれど、
ざっと見直してみてもう必要ないと分かり、どっさり捨てました。
 
僕が大きな断捨離をしたのはちょうど4年近く前。
自動車を売り払い、部屋もダウンサイジングして本や家具、衣類、家電などをびっくりするほど多くのものを捨てました。
 
新しいスタイルに進むためには、頭の中も実際の環境も「スペース」が必要。
だからまず捨ててスペースを作る、そんな時期にまた来てるな、と感じています。
 
沢山の学びや気づきを書き留めたメモ。ノート。
それを見なくても、必要なものは全て頭の中にある。体に染み付いている。
  
パソコンやスマホもデータが入りすぎて、メモリが一杯になると、動きが遅くなったり、必要なときに保存できなくなったりします。
 
人の頭や心も同じ。必要なものを入れていくには、しっかりと「スペース」を作る。
 
もし今、何か頭がモヤモヤ、整理がつかないときは、まずは不要なモノを捨てて「スペース」を作る。
 
そうすると、そこに必要な、大切なものが入ってくるかもしれません☆
 
(写真は4年間に引越した時の写真。車、家具など沢山のモノを手放しました☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

できない理由を出し尽くす

「できない理由ばかり言うな」 「言い訳ばかりして!」 「どうすればできるかを考えなさい」 「できるできないより、やるかやらないか」   そんな話をよく耳にするので、「できない理由」は良くないこととして …

アウトプットとは

「文章を書くことは、『考えること』です。文章を書くことによって、何が必要で、どうすればよいのか、アイデアが生まれてきます」(佐藤富雄:作家)   「アウトプット」の大切さは最近よく聴くかと思います。 …

頭が凝り固まったときは

「いやな感情で頭がいっぱいのとき、何も考えないで窓をみがいたり、スポーツに熱中したり、好きな食べ物を食べたり、肉体労働をしたりしてごらんなさい。頭の中がすっきりしてきます」(ジョセフ・マーフィー)   …

ポジティブ(幸せ)な感情を増やすメリットとは?

「やろうと思っていても、なかなか始められない」 「やり始めたけれど、すぐやめてしまった」 新しい習慣を始めるときに、よくそんな話を聞きます。 そんなときは 「新しい行動を増やそう」とするよりも 「普段 …

日常と非日常

最近「ワクワクすることをしよう」とよく言いますが、ワクワクってなんだろう・・・僕はそんな風に考えたことがありました。   ワクワクを一番感じ易いのは「非日常」だと思います。   ゴールデンウィークに旅 …