自分軸を磨くために

スペースをつくる

投稿日:2017年5月7日 更新日:

今日はゴールデーンウィーク中ですが、一日ひたすら掃除をしました。
かなりのモノを捨てました。以前に比べて普段から捨てているつもりだったのですが、結構な量のゴミが出ました。
  
その大半のものは過去に自分が記録したノート、本でした。
 
もちろんデータや写真で残ってるものは、今もちゃんと取ってあるけれど、
ざっと見直してみてもう必要ないと分かり、どっさり捨てました。
 
僕が大きな断捨離をしたのはちょうど4年近く前。
自動車を売り払い、部屋もダウンサイジングして本や家具、衣類、家電などをびっくりするほど多くのものを捨てました。
 
新しいスタイルに進むためには、頭の中も実際の環境も「スペース」が必要。
だからまず捨ててスペースを作る、そんな時期にまた来てるな、と感じています。
 
沢山の学びや気づきを書き留めたメモ。ノート。
それを見なくても、必要なものは全て頭の中にある。体に染み付いている。
  
パソコンやスマホもデータが入りすぎて、メモリが一杯になると、動きが遅くなったり、必要なときに保存できなくなったりします。
 
人の頭や心も同じ。必要なものを入れていくには、しっかりと「スペース」を作る。
 
もし今、何か頭がモヤモヤ、整理がつかないときは、まずは不要なモノを捨てて「スペース」を作る。
 
そうすると、そこに必要な、大切なものが入ってくるかもしれません☆
 
(写真は4年間に引越した時の写真。車、家具など沢山のモノを手放しました☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

大人になってからが・・

僕は子供の頃、夢がありませんでした。   勉強、運動、何をやっても中途半端。   そんな自分に劣等感を持っていて、10代で人生を諦めていました。   親世代を見ていて、苦しく働いている姿を見て、   …

自分の性格を生かす

「自分を隠さない。気が弱いんだったら弱いまま。興奮しすぎるんだったらしすぎるまま。短所はない特徴だけがある。特徴をすんなりと生かした選手がグラウンドで輝く」 (為末大:陸上選手)   日常、どんな「言 …

楽しく続ける工夫

今朝は、お台場でランニングをしました☆   綺麗なランステーションも見つけて、そこから海浜公園を気持ち良く走りました♪   運動は、文字通り「運を動かす」と言われていて   滞った自分を変化させるのに …

人生の豊かさ

My life didn’t please me, so I created my life. 「私の人生は楽しくなかった。だから私は自分の人生を創造したの」(ココ・シャネル) 僕は20代の頃、とにか …

共通するものを見つける

僕は昔かなりの人見知りだったので、知らない人に会うとすごく緊張してしまって、何もしゃべれませんでした。   それでも、自分を変えたくて交流会などに参加するようになり、でも結局なかなかしゃべれずに溶け込 …