自分軸を磨くために

早さはどこからくるか

投稿日:2017年5月10日 更新日:

よく仕事が早い、仕事が遅いと言うことがあります。「その違いは何なんだろう」僕はそんな疑問が湧いたことがありました。
 
確かに長い経験を積み重ねて、人とは思えないようなスピードで手が動くとか、達人的なスキルを持っていて早いという場合もあります。
 
でもそれだけじゃないんではないかと思いその仕事の早い人の行動をを観察していたことがあります。
 
その人は、早さもありながら、とても正確で「雑」な感じも全くないのです。
 
そこで分かった事は「その人には迷いがない」ということです。
 
仕事が遅い人は、何かをやっているときに違う考えが湧いたり、不安がでたり、色々な迷いが出たりして作業がストップしたり、違う行動を始めてしまう。
 
「一心不乱」という言葉がありますが、仕事の早い人はその最中に、他の無駄な動きがないのです。
 
何か仕事をするときに、やりながら考えて、やって考えてというような仕事の仕方をしていると進みがすごく遅い。
 
仕事の意味を熟知した人よりも、その仕事の手順だけを覚えて、何も考えずにやる人の方が断然早い。
  
何も考えずに気持ちも込めずに、仕事をするのがいいという訳ではないですが、「やるときはやる」と切り分けるのが大事だと分かりました。
 
だから、先に内容についてきっちり考えて、練り上げる。その後にやる手順だったり、決め事や基準を全て明確にしておいて、やるときは迷いをなくやる。これが早さの秘訣なのだと分かりました。
  
とにかく夢中で取り組めば、余計な不安や心配という感情に振り回されることも減ってきます。
  
やると決めたら一つの区切りまでやり切る。
  
そうやっていくと、思った以上に物事が進み、新しく考える時間も増えていきます♪
 
 
(写真は去年のトライアスロンの練習時のもの。連休は海で泳いで更にランニング、夜は食事会、翌日は峠を登りました。迷っている暇はありませんでした。。)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

もっと自分を好きになって、どんどん行動できるようになる方法

「マイナスの出来事に対して自分を許すことで、落ち込むことが少なくなり、気持ちをニュートラルに維持できるようになりました。 また、自分自身の深層にある願望に気づき、一歩を踏み出すことによって状況が動きだ …

行動するときの心構え

「途中で意味を考えない。山に登る意味を考えていいのは登り切った人か、途中であきらめて降りた人だけ」 (所ジョージ) 僕が以前、考えすぎてなかなか行動に移せないときは 「まずやってみる」「やりながら考え …

ありがとう日記をつける

「ありがとう日記をつけるといいわ。毎晩、あなたが感謝したことを5つ、リストアップするの。そうすれば、毎日に対する、そして人生に対する、あなたの見方が変わり始める」 (オプラ・ウィンフリー)   僕は8 …

不得意なことに財産がある

「遠回りしながらも、もがいて身につけたものの方が、簡単に得たものよりも後々まで役立ちます」 (羽生善治:将棋棋士、十九世名人)   誰でも苦手なこと、不得意なことがあり、それに悩んだこともあるかと思い …

自分のために、やりたいことをやる

「闘うのはあくまで自分のため、家族のためです。会社員の方だって同じじゃないですか。会社のために働けなんていわれても力が出ないでしょう」 (魔裟斗:キックボクシング選手) 僕は以前、「楽しむ=遊ぶ=いけ …