自分軸を磨くために

ありがとう日記をつける

投稿日:2017年3月12日 更新日:

「ありがとう日記をつけるといいわ。毎晩、あなたが感謝したことを5つ、リストアップするの。そうすれば、毎日に対する、そして人生に対する、あなたの見方が変わり始める」
(オプラ・ウィンフリー)

 
僕は8年近く前、「ポジティブ心理学」を学びました。
「ポジティブ心理学」は「ポジティブ・シンキング」とは違います。
 
何でも良い面だけを見ようとすることとは違います。
あえて簡単に説明すると
「どうすれば、より幸福感を感じて生きられるか」
を研究している学問です。
 
ベストセラーになった「ハーバードの人生を変える授業」
で話題になり、一躍注目を集めました。
1日3分の習慣を身につけるだけでも
幸福感は変わってきます。
 
簡単な方法を一つご紹介します。
「1日の終わりに、今日良かったことを3つ書きだす」
「今日、どんなことがあったか」ではなく
「今日、どんな良いことがあったか」
を思い出すことが大切です。

人は皆、「欠けている所」「問題」にばかり
フォーカスしてしまう習性があります。

だから
「今日は良いことは全然なかった」
と思った日こそ、
じっくり1日の出来事を振り返って
「どんな良いことがあったか」
を思い出すことが大切です。

忙しく過ごす中で、見逃している「良いこと」
それをじっくり思い出して、心で感じるのです。
今日は、それを意識して一日を過ごしてみてください。

意識が変わると見える現実が変わり始めます♪
朝には
「今日を良い一日にするために、どんな意識をもって過ごしますか?」
夜には
「今日は、どんな良いことがありましたか?」
ぜひやってみてください。

「やろうと思っても、続かないんです」
そういう相談もよく受けます。

心理学を理解すれば、誰でも簡単に習慣化できるようになります。
その方法も講座でお伝えしていきます。

(写真は、僕にとって掛け替えのない仲間達との時間)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

簡単なアウトプットの方法

「ぼくは天才ではありません。なぜかというと、自分がどうしてヒットを打てるかを説明できるからです」(イチロー) 「アウトプットする」大事さは 最近よく聴く話だと思います。 インプットしたことを人に伝えよ …

スペースをつくる

今日はゴールデーンウィーク中ですが、一日ひたすら掃除をしました。 かなりのモノを捨てました。以前に比べて普段から捨てているつもりだったのですが、結構な量のゴミが出ました。    その大半のものは過去に …

セカンド・オピニオン

これはちょうど1年前、僕がトライアスロンにチャレンジした時の話です。   1月にやると決めて申し込んだ石垣島大会の期日は4月10日。ちょうど3ヶ月後でした。   水泳、自転車、ランの3種をこなすトライ …

自分の欠点を受け入れる

「わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです」 (オードリー・ヘップバーン)   「ローマの休日」で知られる英国の名女優 …

ながら聴きを活用する

この本はいいと思って買ったはいいけれど、結局最後まで読みきれずに、「積ん読」状態になっている。 気がついたらそんな本が何冊も・・・   そんなことを解消するひとつの方法として、僕はオーディオブックを活 …