自分軸を磨くために

ありがとう日記をつける

投稿日:2017年3月12日 更新日:

「ありがとう日記をつけるといいわ。毎晩、あなたが感謝したことを5つ、リストアップするの。そうすれば、毎日に対する、そして人生に対する、あなたの見方が変わり始める」
(オプラ・ウィンフリー)

 
僕は8年近く前、「ポジティブ心理学」を学びました。
「ポジティブ心理学」は「ポジティブ・シンキング」とは違います。
 
何でも良い面だけを見ようとすることとは違います。
あえて簡単に説明すると
「どうすれば、より幸福感を感じて生きられるか」
を研究している学問です。
 
ベストセラーになった「ハーバードの人生を変える授業」
で話題になり、一躍注目を集めました。
1日3分の習慣を身につけるだけでも
幸福感は変わってきます。
 
簡単な方法を一つご紹介します。
「1日の終わりに、今日良かったことを3つ書きだす」
「今日、どんなことがあったか」ではなく
「今日、どんな良いことがあったか」
を思い出すことが大切です。

人は皆、「欠けている所」「問題」にばかり
フォーカスしてしまう習性があります。

だから
「今日は良いことは全然なかった」
と思った日こそ、
じっくり1日の出来事を振り返って
「どんな良いことがあったか」
を思い出すことが大切です。

忙しく過ごす中で、見逃している「良いこと」
それをじっくり思い出して、心で感じるのです。
今日は、それを意識して一日を過ごしてみてください。

意識が変わると見える現実が変わり始めます♪
朝には
「今日を良い一日にするために、どんな意識をもって過ごしますか?」
夜には
「今日は、どんな良いことがありましたか?」
ぜひやってみてください。

「やろうと思っても、続かないんです」
そういう相談もよく受けます。

心理学を理解すれば、誰でも簡単に習慣化できるようになります。
その方法も講座でお伝えしていきます。

(写真は、僕にとって掛け替えのない仲間達との時間)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

三日坊主から抜け出す方法

「最初から多くのことを成し遂げようとして極端な努力をすると、たちまちのうちに全てを放棄することになる」 (チャーリー・チャップリン) 以前僕は、「何をやっても長続きしない」ことに悩んでいました。 いわ …

小さな目標

「まずは小さな目標からだ。あまりに遠い道のりに気が滅入りそうになるたびに、自分にそう言い聞かせた。まずは小さな目標からだと」 (モニカ・セレシュ:テニスプレーヤー) 僕は子供の頃は「夢」がありませんで …

自分のために、やりたいことをやる

「闘うのはあくまで自分のため、家族のためです。会社員の方だって同じじゃないですか。会社のために働けなんていわれても力が出ないでしょう」 (魔裟斗:キックボクシング選手) 僕は以前、「楽しむ=遊ぶ=いけ …

簡単なアウトプットの方法

「ぼくは天才ではありません。なぜかというと、自分がどうしてヒットを打てるかを説明できるからです」(イチロー) 「アウトプットする」大事さは 最近よく聴く話だと思います。 インプットしたことを人に伝えよ …

笑顔の奥にあるもの

僕の父親はもう引退して70半ばですが、現役中はある大企業に勤めていました。   50代くらいからは仕事を休むことが多く、苦しく出勤している姿をよく見ました。   「仕事は苦しいもの」 その観念が、僕に …