自分軸を磨くために

ありがとう日記をつける

投稿日:2017年3月12日 更新日:

「ありがとう日記をつけるといいわ。毎晩、あなたが感謝したことを5つ、リストアップするの。そうすれば、毎日に対する、そして人生に対する、あなたの見方が変わり始める」
(オプラ・ウィンフリー)

 
僕は8年近く前、「ポジティブ心理学」を学びました。
「ポジティブ心理学」は「ポジティブ・シンキング」とは違います。
 
何でも良い面だけを見ようとすることとは違います。
あえて簡単に説明すると
「どうすれば、より幸福感を感じて生きられるか」
を研究している学問です。
 
ベストセラーになった「ハーバードの人生を変える授業」
で話題になり、一躍注目を集めました。
1日3分の習慣を身につけるだけでも
幸福感は変わってきます。
 
簡単な方法を一つご紹介します。
「1日の終わりに、今日良かったことを3つ書きだす」
「今日、どんなことがあったか」ではなく
「今日、どんな良いことがあったか」
を思い出すことが大切です。

人は皆、「欠けている所」「問題」にばかり
フォーカスしてしまう習性があります。

だから
「今日は良いことは全然なかった」
と思った日こそ、
じっくり1日の出来事を振り返って
「どんな良いことがあったか」
を思い出すことが大切です。

忙しく過ごす中で、見逃している「良いこと」
それをじっくり思い出して、心で感じるのです。
今日は、それを意識して一日を過ごしてみてください。

意識が変わると見える現実が変わり始めます♪
朝には
「今日を良い一日にするために、どんな意識をもって過ごしますか?」
夜には
「今日は、どんな良いことがありましたか?」
ぜひやってみてください。

「やろうと思っても、続かないんです」
そういう相談もよく受けます。

心理学を理解すれば、誰でも簡単に習慣化できるようになります。
その方法も講座でお伝えしていきます。

(写真は、僕にとって掛け替えのない仲間達との時間)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

才能を開花させるために

「100回叩くと壊れる壁があったとする。でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、99回まで来ていても途中であきらめてしまう」 (松岡修造:プロテニス選手) 僕は以前、ある人気コーチの方にお聞きした …

身体で感じる喜び

It’s never too late to be who you might have been. 「なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない」(ジョージ・エリオット) 僕は30代の頃、よ …

感情の扱い方

怒り、悲しみ、楽しい、嬉しいなどの感情は 「あなたが、無意識に選んでいる」 そして 「意識的に、その感情を変えることができる」 というのはご存知でしょうか? 僕も以前は、自分の「感情」を変えるなんて …

人生の豊かさ

My life didn’t please me, so I created my life. 「私の人生は楽しくなかった。だから私は自分の人生を創造したの」(ココ・シャネル) 僕は20代の頃、とにか …

人生を楽しむ心

「何より大事なのは、人生を楽しむこと。幸せを感じること、それだけです」 (オードリー・ヘップバーン) もう何年も前、あるミリオネアの方と話をしたことがあります。 「自分はこれから何をしたいのか、分から …