自分軸を磨くために

ありがとうの力

投稿日:2017年4月27日 更新日:

「ありがとう」と言う方は何気なくても、言われる方はうれしい、「ありがとう」これをもっと素直に言い合おう。(松下幸之助)
 
僕は以前、人に何かを頼むのが苦手で、何でも自分でやろうとしていました。
 
「人に何かをしてもらう=迷惑なこと」という思い込みがあったからです。
 
確かに、何でも厚かましく、人に頼んでばかり、無茶なお願いばかりしていては良い人間関係には繋がらない。
 
でも、些細なことでも人に頼れなかった僕も、頼みごとをして、相手が喜んでくれることを知ってから、考え方が切り替わりました。
 
頼みごと、お願いごとをしてくれた相手に「感謝を伝える」「笑顔でお礼を言う」
 
これだけで、相手はとても嬉しい気持ちになり、「やって良かった」と感じてくれることも多くなります。
ちょっとした頼みごとでも、当たり前ではなく、「有難い」こととして誠意を持ってお礼を伝える。
「写真を撮ってもらう」「道を教えてもらう」「荷物を持ってもらう」「貸してもらう」
最初はそんな簡単なことからで構わない。
何かの「勧誘」と取られない限り、、、多くの人が足を止めて、手伝って、助けてくれます。
 
その後に、笑顔でお礼を伝えることが「良い空間」を作ることになります。
 
道端で突然、自転車で転倒した人がいたら、まわりの人が自然と集まって助けてくれる光景は、見られた方もいるかと思います。
 
人は皆、誰かの役に立ちたがっている。誰かを助けたがっている。困っている人の力になりたがっている。
 
助けられた人も、助けた人も実は嬉しい気持ち、人を想いやる気持ちで満たされていく。
 
日常にありがとうが増えれば、お互いに嬉しい時間が増えていきます♪
 
ぜひ、日常のさりげない行動の中で、意識してみてください。
 
 
「”ありがとう”をどんな風に伝えたら、お互いがもっと嬉しい気持ちになるだろう?」
 
 
 
(写真はドバイ空港内のバーにて撮影。特に意味はありません。。)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

今日はどんな一日でしたか・・?

「賢い人は、徹底的に楽天家である」 (アンドリュー・カーネギー:米国実業家、鉄鋼王) 「好き」なことが増えたら、毎日が楽しくなる。 そう言われても、日常生活でそんな楽しいことなんて・・・ 日々の生活に …

相手を否定せずに意見を伝える

「相手は間違っているかもしれないが、彼自身は自分が間違っているとは決して思っていない。だから、相手を非難しても始まらない」 (デール・カーネギー:米国の作家) 人との会話において、相手との意見が合わな …

今を生きる

『未来とは、今である』 (マーガレット・ミード) 「今を生きる」という名作映画がありました。 僕が大好きな俳優、 ロビン・ウィリアムズの名演が光る映画でした。 そこでの名言を少しご紹介します。 「今日 …

感情の扱い方

怒り、悲しみ、楽しい、嬉しいなどの感情は 「あなたが、無意識に選んでいる」 そして 「意識的に、その感情を変えることができる」 というのはご存知でしょうか? 僕も以前は、自分の「感情」を変えるなんて …

ありのままで生きる

「わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです」(オードリー・ヘップバーン) 「ローマの休日」で知られる英国の名女優 オード …