自分軸を磨くために

ありがとうの力

投稿日:2017年4月27日 更新日:

「ありがとう」と言う方は何気なくても、言われる方はうれしい、「ありがとう」これをもっと素直に言い合おう。(松下幸之助)
 
僕は以前、人に何かを頼むのが苦手で、何でも自分でやろうとしていました。
 
「人に何かをしてもらう=迷惑なこと」という思い込みがあったからです。
 
確かに、何でも厚かましく、人に頼んでばかり、無茶なお願いばかりしていては良い人間関係には繋がらない。
 
でも、些細なことでも人に頼れなかった僕も、頼みごとをして、相手が喜んでくれることを知ってから、考え方が切り替わりました。
 
頼みごと、お願いごとをしてくれた相手に「感謝を伝える」「笑顔でお礼を言う」
 
これだけで、相手はとても嬉しい気持ちになり、「やって良かった」と感じてくれることも多くなります。
ちょっとした頼みごとでも、当たり前ではなく、「有難い」こととして誠意を持ってお礼を伝える。
「写真を撮ってもらう」「道を教えてもらう」「荷物を持ってもらう」「貸してもらう」
最初はそんな簡単なことからで構わない。
何かの「勧誘」と取られない限り、、、多くの人が足を止めて、手伝って、助けてくれます。
 
その後に、笑顔でお礼を伝えることが「良い空間」を作ることになります。
 
道端で突然、自転車で転倒した人がいたら、まわりの人が自然と集まって助けてくれる光景は、見られた方もいるかと思います。
 
人は皆、誰かの役に立ちたがっている。誰かを助けたがっている。困っている人の力になりたがっている。
 
助けられた人も、助けた人も実は嬉しい気持ち、人を想いやる気持ちで満たされていく。
 
日常にありがとうが増えれば、お互いに嬉しい時間が増えていきます♪
 
ぜひ、日常のさりげない行動の中で、意識してみてください。
 
 
「”ありがとう”をどんな風に伝えたら、お互いがもっと嬉しい気持ちになるだろう?」
 
 
 
(写真はドバイ空港内のバーにて撮影。特に意味はありません。。)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

身体で感じる喜び

It’s never too late to be who you might have been. 「なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない」(ジョージ・エリオット) 僕は30代の頃、よ …

流れ、巡るもの

昨日ランニングで20キロ走ってしまい、、、 今日はちょっと足が重たかったので、久しぶりに水泳に行ってきました♪   約30分ほど軽く泳ぐ程度ですが、身体をほぐすためにゆったり泳いですごくスッキリしまし …

夢の叶え方講座

昨日は「自分軸を身につけキラキラした自分の人生を送る講座」の第三回を開催致しました。   今回のテーマは「夢の叶え方」   10代、20代の頃夢も持たず、人生を諦めていた僕が、どうして夢を持つようにな …

ゴキゲンな自分になる

「人の機嫌をとる」という言葉があります。 身近な家族や同僚、友達が 「不機嫌」や「ご機嫌が斜め」のとき その人をなだめたり、元気づけたり、笑わせたり ご機嫌をあげていく工夫をするかと思います。 「不機 …

対人関係のポイント

「多くの人が、話上手だから人との関係は得意だと思っている。対人関係のポイントが聞く力にあることを知らない」(ピーター・ドラッカー) 僕は10年前は極度の人見知りでした。 友達と言えば、学生時代のサーク …