自分軸を磨くために

信頼できる人

投稿日:2017年5月6日 更新日:

今日は午後から二人の方とお会いして、色々と相談にのっていただきました。
 
目から鱗の話ばかりで大変勉強になりました。貴重なお時間を頂き、ありがとうございました☆
 
今日、僕が感じたのは
「時代の変化」「信頼」でした。
 
僕が大学を卒業する頃はまだ卒論はワープロを使っていました。(昔過ぎますね。。)
 
就職してからやっとパソコンが普及して、
携帯電話が普及して、いつの間にか
それが普通になって、
 
インターネットはちょっと先進的な人が
やるイメージだったけれど
今それが普通になっている。
さらにスマホがパソコンよりも普通になりつつある。
 
何かを知りたければインターネットで調べればほとんどのものが調べられる。
 
でもその中に何か「この情報は信頼できるの?」と感じている人も増えているようです。
 
Googleは日々進化していて、信頼できる情報、人が上位にくる仕組みにはなっているそうです。
 
でも結局、自分が
「どんな人が信頼できるか」と考えたら
実際に会ってみる、一緒の時間を過ごす、
それがやっぱり大事だなと、改めて認識した今日でした。
 
心配したり悩んでばかりでは何も進みませんが
自分が今、信頼しているもの、信頼している人
「それはなぜ信頼しているのか?」

それは会う回数、頻度ではないかもしれない。
 
自分が信頼する理由
 
その理由を問いかけていくと、新しい道が開けるかもしれません♪
 
 
(写真は先ほど銀座で撮った銀座シックス。最近は銀座に行くことがなぜか多くなりました☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

相手の嫌いな所

「人付き合いがうまいというのは、人を許せるということだ」(ロバート・フロスト:米国の詩人) 『相手の嫌いな所は、自分の嫌いな所』 僕は以前、これを知ったとき、「そんな馬鹿な!」とすぐには納得できません …

対人関係のポイント

「多くの人が、話上手だから人との関係は得意だと思っている。対人関係のポイントが聞く力にあることを知らない」(ピーター・ドラッカー) 僕は10年前は極度の人見知りでした。 友達と言えば、学生時代のサーク …

不得意なことに財産がある

「遠回りしながらも、もがいて身につけたものの方が、簡単に得たものよりも後々まで役立ちます」 (羽生善治:将棋棋士、十九世名人)   誰でも苦手なこと、不得意なことがあり、それに悩んだこともあるかと思い …

インスピレーション

データ分析やマーケティングリサーチなど、 数字、理論の世界で10年以上過ごしてきた僕は どうしても左脳で物事を考えてしまいがちです。    でも僕が過去に大きな変化や嬉しい、 ワクワクした経験を考えて …

ありのままで生きる

「わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです」(オードリー・ヘップバーン) 「ローマの休日」で知られる英国の名女優 オード …