自分軸を磨くために

信頼できる人

投稿日:2017年5月6日 更新日:

今日は午後から二人の方とお会いして、色々と相談にのっていただきました。
 
目から鱗の話ばかりで大変勉強になりました。貴重なお時間を頂き、ありがとうございました☆
 
今日、僕が感じたのは
「時代の変化」「信頼」でした。
 
僕が大学を卒業する頃はまだ卒論はワープロを使っていました。(昔過ぎますね。。)
 
就職してからやっとパソコンが普及して、
携帯電話が普及して、いつの間にか
それが普通になって、
 
インターネットはちょっと先進的な人が
やるイメージだったけれど
今それが普通になっている。
さらにスマホがパソコンよりも普通になりつつある。
 
何かを知りたければインターネットで調べればほとんどのものが調べられる。
 
でもその中に何か「この情報は信頼できるの?」と感じている人も増えているようです。
 
Googleは日々進化していて、信頼できる情報、人が上位にくる仕組みにはなっているそうです。
 
でも結局、自分が
「どんな人が信頼できるか」と考えたら
実際に会ってみる、一緒の時間を過ごす、
それがやっぱり大事だなと、改めて認識した今日でした。
 
心配したり悩んでばかりでは何も進みませんが
自分が今、信頼しているもの、信頼している人
「それはなぜ信頼しているのか?」

それは会う回数、頻度ではないかもしれない。
 
自分が信頼する理由
 
その理由を問いかけていくと、新しい道が開けるかもしれません♪
 
 
(写真は先ほど銀座で撮った銀座シックス。最近は銀座に行くことがなぜか多くなりました☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

とっさのときの反応

先ほど、新宿御苑近くを歩いていたら、突然、外国人の方に英語で道を聞かれました・・   とっさのことで、少しびっくりしましたが、自然に英語で説明している自分に気がつきました。   聞かれたのは、都庁の場 …

相手の嫌いな所

「人付き合いがうまいというのは、人を許せるということだ」(ロバート・フロスト:米国の詩人) 『相手の嫌いな所は、自分の嫌いな所』 僕は以前、これを知ったとき、「そんな馬鹿な!」とすぐには納得できません …

体と会話する感覚

僕は、中学・高校はサッカー、大学ではアウトドアの部活に所属していたので、もともと運動は好きだったのですが   社会人になってからは、朝から晩まで働いて、休日も仕事が増えていき、   運動をしなくなり、 …

人は過去を忘れる生き物、だから・・

「やってられないよ」と思ったとき、「でも俺、頑張ってるよな」とつぶやいてみてください。 「頑張ってる私って、結構いいな」と、自分を好きになってください。その方が生きやすくなるとは思いませんか? (松岡 …

苦手は人のためになる

僕はかなりの方向音痴です。駅から徒歩3分と案内があっても初めての場所はほぼ100%迷って10分以上かかります。   だから僕は自分の講座の会場案内をする時は、なるべく最寄り駅からの実際のアングルを写真 …