人見知りの克服 未来を変える方法 自分軸を磨くために

あなたと全く違うタイプの人とあえて話しなさい

投稿日:

「あなたと全く違うタイプの人とあえて話しなさい」
「あなたが一番、嫌だなと感じる人と話しなさい」

 
これは僕が5年前にコーチングを学んだ時に、教えられたことです。
 
コーチングの講座では、受講生同士、二人でペアになって
お互いに交互にコーチ・クライアントの役を実践します。
 
その時に、ついやってしまうのが、
「自分と似たようなタイプの人」
「同じような世界で生きていそうな人」
「雰囲気的に気が合いそうな人」

を選んでペアになることです。
 
でも、これでは日常生活から何も脱却できないし
学びが少なくなる。
 
だから、自分の枠を広げて頭を柔らかくするには
あえて自分とは違ったタイプを選ぶ。
あえて第一印象が嫌なタイプを選ぶ。
 
自分を変えたかった僕は、この指示に素直に従いました。
「この人めっちゃ怖そう・・・。。。」
「この人、普段何している人のだろう・・・???」
そんな人と話をしてみると
 
意外ととても柔らかい、人当たりのいい人だったり
最初は無愛想な感じでも、話しているうちに打ち解けたり
  
意外な発見がたくさんありました。
  
「自分の生きてきた世界は、狭い世界だったんだな〜」
「こんな仕事で生活している人もいるんだ・・」
  
もし、今、自分の固定観念で毎日の生活にマンネリを感じているときは
「あなたと全く違うタイプの人とあえて話してみる」
「あなたが一番、嫌だなと感じる人と話してみる」

 
ちょっとだけ勇気を出して、やってみると思わぬ発見があります♪
 
 
(写真は3年前にカンボジアで現地のお宅訪問をした時のもの)

-人見知りの克服, 未来を変える方法, 自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

イメージ・チェンジ

これは5年くらい前の話です。 「最近なんか表情よくなってきたね」とか「最近なんかいい感じだね」と言われるようになってきて、   自分でも心の中が良い方向に進んでるな、と感じたときに、もう一歩前に進むた …

相手にどう分かってもらうか

「相手を説得する場合、激しい言葉をつかってはならぬ。結局は恨まれるだけで物事が成就できない」 (坂本龍馬) 人に何かをしてもらいたい、成長してもらいたい時は 説得するよりも、教えるよりも、気づいてもら …

信頼できる人

今日は午後から二人の方とお会いして、色々と相談にのっていただきました。   目から鱗の話ばかりで大変勉強になりました。貴重なお時間を頂き、ありがとうございました☆   今日、僕が感じたのは 「時代の変 …

ゴキゲンな自分になる

「人の機嫌をとる」という言葉があります。 身近な家族や同僚、友達が 「不機嫌」や「ご機嫌が斜め」のとき その人をなだめたり、元気づけたり、笑わせたり ご機嫌をあげていく工夫をするかと思います。 「不機 …

勘違いしがちな「常識」〜Common Sense〜

僕が昔、悩んだり傷つきやすかったのは 「常識」「当たり前」「当然」「普通」を勘違いしていたから。 (⇨以後、総称として「常識」とします) 僕にとっての「常識」は 友達や家族には「常識」ではなかったり …