人見知りの克服 未来を変える方法 自分軸を磨くために

あなたと全く違うタイプの人とあえて話しなさい

投稿日:

「あなたと全く違うタイプの人とあえて話しなさい」
「あなたが一番、嫌だなと感じる人と話しなさい」

 
これは僕が5年前にコーチングを学んだ時に、教えられたことです。
 
コーチングの講座では、受講生同士、二人でペアになって
お互いに交互にコーチ・クライアントの役を実践します。
 
その時に、ついやってしまうのが、
「自分と似たようなタイプの人」
「同じような世界で生きていそうな人」
「雰囲気的に気が合いそうな人」

を選んでペアになることです。
 
でも、これでは日常生活から何も脱却できないし
学びが少なくなる。
 
だから、自分の枠を広げて頭を柔らかくするには
あえて自分とは違ったタイプを選ぶ。
あえて第一印象が嫌なタイプを選ぶ。
 
自分を変えたかった僕は、この指示に素直に従いました。
「この人めっちゃ怖そう・・・。。。」
「この人、普段何している人のだろう・・・???」
そんな人と話をしてみると
 
意外ととても柔らかい、人当たりのいい人だったり
最初は無愛想な感じでも、話しているうちに打ち解けたり
  
意外な発見がたくさんありました。
  
「自分の生きてきた世界は、狭い世界だったんだな〜」
「こんな仕事で生活している人もいるんだ・・」
  
もし、今、自分の固定観念で毎日の生活にマンネリを感じているときは
「あなたと全く違うタイプの人とあえて話してみる」
「あなたが一番、嫌だなと感じる人と話してみる」

 
ちょっとだけ勇気を出して、やってみると思わぬ発見があります♪
 
 
(写真は3年前にカンボジアで現地のお宅訪問をした時のもの)

-人見知りの克服, 未来を変える方法, 自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

大人になってからが・・

僕は子供の頃、夢がありませんでした。   勉強、運動、何をやっても中途半端。   そんな自分に劣等感を持っていて、10代で人生を諦めていました。   親世代を見ていて、苦しく働いている姿を見て、   …

日常と非日常

最近「ワクワクすることをしよう」とよく言いますが、ワクワクってなんだろう・・・僕はそんな風に考えたことがありました。   ワクワクを一番感じ易いのは「非日常」だと思います。   ゴールデンウィークに旅 …

自分の選択を生かす

「いろいろ考えられる選択肢の中から『この一手』を選ぶのは自分しかいないわけです」 (羽生善治:将棋棋士、十九世名人) 僕は中学生の頃から将棋が好きで、10代の頃に勉強して初段の実力までになりました。 …

決めるのが先〜Decision First〜

僕が、昔からの夢を叶えていったとき 気づいたことです。 「今の仕事が落ち着いたら・・・」 「体力がついたら・・・」 「経済的なゆとりができたら・・・」 ・・やる これでは、夢は叶いにくい。 「準備がで …

自分の体で感じてみる

今日で4月も終わりなので近くの神社にお礼参りに行ってきました。   僕がお礼参りを始めてからもう2年が経ちます。   実際に手を合わせてお祈りする時間は数分間ですけれど、   その間に1ヶ月にあったこ …