自分軸を磨くために

日常と非日常

投稿日:2017年5月3日 更新日:

最近「ワクワクすることをしよう」とよく言いますが、ワクワクってなんだろう・・・僕はそんな風に考えたことがありました。
 
ワクワクを一番感じ易いのは「非日常」だと思います。
 
ゴールデンウィークに旅行に行くのもそうです。
休暇をとって旅行に行ったり、特別なことをするときに感じることが多い。
 
ただ非日常はあくまで非日常。
非日常がなければワクワクがないと言うのでは、ちょっと生活自体がバランスを欠いてしまう。
 
だから、いかに日常を楽しめるか、日常の中に非日常を作り出すかが大事だと僕は思います。
 
基本的にはワクワクはマンネリの中には生まれない。
 
具体的には、普段行くお店を違うお店に変えてみる、違うメニューを試してみる、歩く道を変えてみる・・など
 
日常の無意識にやっている同じ行動パターン、それを意識的に変えていく。
 
最初は少し面倒と思うかもしれないけど、それを普通にしていくとワクワクで楽しい出会いが増えてきます。
 
僕は外食するときはなるべく行ったことがないお店を探して行くようにしています。
 
たまに失敗することもありますが・・予期せぬ良い出来事、良いお店に出会うことも多々あります。
 
そうやって日常の中に非日常を作り出していく
 
そういう、日常のちょっとした行動が「ワクワク」「変化を楽しむ」心を育てると僕は思っています。
  
「日常の中に非日常をつくりだす」
1日ひとつでいいのでやっていくと、毎日が楽しみになってきます♪
 
 
(今日は銀座で、初めてのお店でランチした後、最近オープンした「GINZA SIX」に行ってきました♪新しいものに触れると頭に刺激がもらえて楽しいです♪)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

もっと自分を好きになって、どんどん行動できるようになる方法

「マイナスの出来事に対して自分を許すことで、落ち込むことが少なくなり、気持ちをニュートラルに維持できるようになりました。 また、自分自身の深層にある願望に気づき、一歩を踏み出すことによって状況が動きだ …

相手の嫌いな所

「人付き合いがうまいというのは、人を許せるということだ」(ロバート・フロスト:米国の詩人) 『相手の嫌いな所は、自分の嫌いな所』 僕は以前、これを知ったとき、「そんな馬鹿な!」とすぐには納得できません …

頭が凝り固まったときは

「いやな感情で頭がいっぱいのとき、何も考えないで窓をみがいたり、スポーツに熱中したり、好きな食べ物を食べたり、肉体労働をしたりしてごらんなさい。頭の中がすっきりしてきます」(ジョセフ・マーフィー)   …

信頼する人は誰か

「良い選手がいるから良いチームを持つわけじゃない。エゴイズム、嫉妬、個人主義といったものが良いチームを形成する際の問題となる。素晴らしい選手を持つ意味合いは熟知しているが、私にはチームスピリットが最も …

自然の偉大さを知る

「人生はいたって単純。競争なんて本当は存在しないし、勝たなきゃいけないレースもない」 (スーザン・サマーズ:米国の女優、作家) 僕は以前、人間関係や仕事、趣味など色々なことに頑張りすぎて、 自分の気持 …