自分軸を磨くために

日常と非日常

投稿日:2017年5月3日 更新日:

最近「ワクワクすることをしよう」とよく言いますが、ワクワクってなんだろう・・・僕はそんな風に考えたことがありました。
 
ワクワクを一番感じ易いのは「非日常」だと思います。
 
ゴールデンウィークに旅行に行くのもそうです。
休暇をとって旅行に行ったり、特別なことをするときに感じることが多い。
 
ただ非日常はあくまで非日常。
非日常がなければワクワクがないと言うのでは、ちょっと生活自体がバランスを欠いてしまう。
 
だから、いかに日常を楽しめるか、日常の中に非日常を作り出すかが大事だと僕は思います。
 
基本的にはワクワクはマンネリの中には生まれない。
 
具体的には、普段行くお店を違うお店に変えてみる、違うメニューを試してみる、歩く道を変えてみる・・など
 
日常の無意識にやっている同じ行動パターン、それを意識的に変えていく。
 
最初は少し面倒と思うかもしれないけど、それを普通にしていくとワクワクで楽しい出会いが増えてきます。
 
僕は外食するときはなるべく行ったことがないお店を探して行くようにしています。
 
たまに失敗することもありますが・・予期せぬ良い出来事、良いお店に出会うことも多々あります。
 
そうやって日常の中に非日常を作り出していく
 
そういう、日常のちょっとした行動が「ワクワク」「変化を楽しむ」心を育てると僕は思っています。
  
「日常の中に非日常をつくりだす」
1日ひとつでいいのでやっていくと、毎日が楽しみになってきます♪
 
 
(今日は銀座で、初めてのお店でランチした後、最近オープンした「GINZA SIX」に行ってきました♪新しいものに触れると頭に刺激がもらえて楽しいです♪)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

人生を大きく変えるために大切なこと

今日は、広尾の人気カフェで「自分軸を身につけ、自分の人生を生きる」講座のシェア会を開催しました(*^O^*) 講座を受け始めてから半年で、実感している変化をシェアし合い「日常の小さな意識の変化が、大き …

笑顔の奥にあるもの

僕の父親はもう引退して70半ばですが、現役中はある大企業に勤めていました。   50代くらいからは仕事を休むことが多く、苦しく出勤している姿をよく見ました。   「仕事は苦しいもの」 その観念が、僕に …

インスピレーション

データ分析やマーケティングリサーチなど、 数字、理論の世界で10年以上過ごしてきた僕は どうしても左脳で物事を考えてしまいがちです。    でも僕が過去に大きな変化や嬉しい、 ワクワクした経験を考えて …

イメージ・チェンジ

これは5年くらい前の話です。 「最近なんか表情よくなってきたね」とか「最近なんかいい感じだね」と言われるようになってきて、   自分でも心の中が良い方向に進んでるな、と感じたときに、もう一歩前に進むた …

ありがとう日記をつける

「ありがとう日記をつけるといいわ。毎晩、あなたが感謝したことを5つ、リストアップするの。そうすれば、毎日に対する、そして人生に対する、あなたの見方が変わり始める」 (オプラ・ウィンフリー)   僕は8 …