自分軸を磨くために

相手にどう分かってもらうか

投稿日:2017年4月17日 更新日:

「相手を説得する場合、激しい言葉をつかってはならぬ。結局は恨まれるだけで物事が成就できない」
(坂本龍馬)

人に何かをしてもらいたい、成長してもらいたい時は
説得するよりも、教えるよりも、気づいてもらう方がいい。

だから最近は「質問」する大切さの話をよく聞きます。

確かに、「自分の考えを相手に押し付ける」ことはあまりうまくいきません。

ただし、人間関係の会話において質問が相手との関係をこじらせる場合もあります。
「何で私の気持ちを分かってくれないの?」
「あなたは私と会いたくないの?」

こんな質問をしてしまうと、相手を責めて、関係を悪くする場合があります。
言われる立場になれば、分かるのですが、
感情的になるとつい、言ってしまいがちです。

その時は、素直に
「自分がどう思ったか」
「自分がどう感じたか」
「自分はどうして欲しいか」
を伝える方がずっといい。

「私はあの時、すごくつらい気持ちだったの」
「私はもっとあなたに会いたいの」

そう言われると相手は、反発する気持ちよりも、共感したり、
自分の行動を変えようと考えてくれるようになります。

相手に感情をぶつけるのではなく、相手に気づいてもらうために

自分の「気持ち=感情」を素直に伝える。これをするようになると、相手との関係性は変わります。

ただし、いつもいつも自分のネガティブな感情ばかりを
相手に伝えると、相手も受け入れる余地が減ってきます。

ネガティブな感情ばかり感じて、発言しているなら
あなたは今、「バランス」を保てていないことになります。

プラスとマイナス、光と影、表と裏はセットで存在する。
だから感情もポジティブとネガティブがあって当然。

でも、いつもネガティブな感情ばかり感じているなら
「ポジティブな感情」に切り替える方法を学ぶと、日々の充実度が変わってきます。

世界はバランスでできています。
それを意識して、「今、バランスが偏ってるな」と気づけば
あなたが日々に感じる感情も変わってきます。

だからもし、あなたが今、
「苦しい」「悲しい」「つまらない」「やる気が出ない」
などのネガティブな感情が多いな、と感じているなら、
自分に問いかけてみてください。

「今日私は、どうすればもっと幸せな気持ちを感じて過ごせるだろう?」

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

人間らしさ

僕はスポーツで学ぶことは多いな、といつも思うのですが 日本を代表するような名選手にも様々なドラマがあります。   例えば、 サッカー日本代表の香川真司   ドイツで実績を残し、イングランドの名門クラブ …

行動するときの心構え

「途中で意味を考えない。山に登る意味を考えていいのは登り切った人か、途中であきらめて降りた人だけ」 (所ジョージ) 僕が以前、考えすぎてなかなか行動に移せないときは 「まずやってみる」「やりながら考え …

湾岸の絶景を楽しむランニング

今日は、お台場で朝ラン&ブランチ会を開催しました。   急遽の開催にも関わらず、ランナーズマイスター資格をお持ちの米田進さんも来ていただき   お台場の景気を楽しみながら、ランニングをしました♪   …

自分を好きになって、自分らしく生きる

「藁(わら)にもすがる想い」 この言葉を心の底から感じた時期が、僕にはありました。 10年ほど前、僕が転職をしたとき、 新しい職場の環境になじめず 仲間に入れてもらえず、強烈な孤独を感じました。 「こ …

インスピレーション

データ分析やマーケティングリサーチなど、 数字、理論の世界で10年以上過ごしてきた僕は どうしても左脳で物事を考えてしまいがちです。    でも僕が過去に大きな変化や嬉しい、 ワクワクした経験を考えて …