自分軸を磨くために

相手にどう分かってもらうか

投稿日:2017年4月17日 更新日:

「相手を説得する場合、激しい言葉をつかってはならぬ。結局は恨まれるだけで物事が成就できない」
(坂本龍馬)

人に何かをしてもらいたい、成長してもらいたい時は
説得するよりも、教えるよりも、気づいてもらう方がいい。

だから最近は「質問」する大切さの話をよく聞きます。

確かに、「自分の考えを相手に押し付ける」ことはあまりうまくいきません。

ただし、人間関係の会話において質問が相手との関係をこじらせる場合もあります。
「何で私の気持ちを分かってくれないの?」
「あなたは私と会いたくないの?」

こんな質問をしてしまうと、相手を責めて、関係を悪くする場合があります。
言われる立場になれば、分かるのですが、
感情的になるとつい、言ってしまいがちです。

その時は、素直に
「自分がどう思ったか」
「自分がどう感じたか」
「自分はどうして欲しいか」
を伝える方がずっといい。

「私はあの時、すごくつらい気持ちだったの」
「私はもっとあなたに会いたいの」

そう言われると相手は、反発する気持ちよりも、共感したり、
自分の行動を変えようと考えてくれるようになります。

相手に感情をぶつけるのではなく、相手に気づいてもらうために

自分の「気持ち=感情」を素直に伝える。これをするようになると、相手との関係性は変わります。

ただし、いつもいつも自分のネガティブな感情ばかりを
相手に伝えると、相手も受け入れる余地が減ってきます。

ネガティブな感情ばかり感じて、発言しているなら
あなたは今、「バランス」を保てていないことになります。

プラスとマイナス、光と影、表と裏はセットで存在する。
だから感情もポジティブとネガティブがあって当然。

でも、いつもネガティブな感情ばかり感じているなら
「ポジティブな感情」に切り替える方法を学ぶと、日々の充実度が変わってきます。

世界はバランスでできています。
それを意識して、「今、バランスが偏ってるな」と気づけば
あなたが日々に感じる感情も変わってきます。

だからもし、あなたが今、
「苦しい」「悲しい」「つまらない」「やる気が出ない」
などのネガティブな感情が多いな、と感じているなら、
自分に問いかけてみてください。

「今日私は、どうすればもっと幸せな気持ちを感じて過ごせるだろう?」

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

流れ、巡るもの

昨日ランニングで20キロ走ってしまい、、、 今日はちょっと足が重たかったので、久しぶりに水泳に行ってきました♪   約30分ほど軽く泳ぐ程度ですが、身体をほぐすためにゆったり泳いですごくスッキリしまし …

自分のために、やりたいことをやる

「闘うのはあくまで自分のため、家族のためです。会社員の方だって同じじゃないですか。会社のために働けなんていわれても力が出ないでしょう」 (魔裟斗:キックボクシング選手) 僕は以前、「楽しむ=遊ぶ=いけ …

目標にたどり着くために

「我々の計画というのは、目標が定かでないから失敗に終わるのだ。どの港へ向かうのかを知らぬ者にとっては、いかなる風も順風たり得ない」 (セネカ:古代ローマの政治家、哲学者) 僕はかなりの方向音痴です。 …

大人になってからが・・

僕は子供の頃、夢がありませんでした。   勉強、運動、何をやっても中途半端。   そんな自分に劣等感を持っていて、10代で人生を諦めていました。   親世代を見ていて、苦しく働いている姿を見て、   …

難しいことをやさしく伝える

宇宙や光、相対性理論、量子力学について興味はあるけれど、難しくてよく分からない。   「はじめての○○学入門」を読んでも分からないから、「『○○学入門』入門」が欲しい!(ToT)   「感じる科学」は …