自分軸を磨くために

相手にどう分かってもらうか

投稿日:2017年4月17日 更新日:

「相手を説得する場合、激しい言葉をつかってはならぬ。結局は恨まれるだけで物事が成就できない」
(坂本龍馬)

人に何かをしてもらいたい、成長してもらいたい時は
説得するよりも、教えるよりも、気づいてもらう方がいい。

だから最近は「質問」する大切さの話をよく聞きます。

確かに、「自分の考えを相手に押し付ける」ことはあまりうまくいきません。

ただし、人間関係の会話において質問が相手との関係をこじらせる場合もあります。
「何で私の気持ちを分かってくれないの?」
「あなたは私と会いたくないの?」

こんな質問をしてしまうと、相手を責めて、関係を悪くする場合があります。
言われる立場になれば、分かるのですが、
感情的になるとつい、言ってしまいがちです。

その時は、素直に
「自分がどう思ったか」
「自分がどう感じたか」
「自分はどうして欲しいか」
を伝える方がずっといい。

「私はあの時、すごくつらい気持ちだったの」
「私はもっとあなたに会いたいの」

そう言われると相手は、反発する気持ちよりも、共感したり、
自分の行動を変えようと考えてくれるようになります。

相手に感情をぶつけるのではなく、相手に気づいてもらうために

自分の「気持ち=感情」を素直に伝える。これをするようになると、相手との関係性は変わります。

ただし、いつもいつも自分のネガティブな感情ばかりを
相手に伝えると、相手も受け入れる余地が減ってきます。

ネガティブな感情ばかり感じて、発言しているなら
あなたは今、「バランス」を保てていないことになります。

プラスとマイナス、光と影、表と裏はセットで存在する。
だから感情もポジティブとネガティブがあって当然。

でも、いつもネガティブな感情ばかり感じているなら
「ポジティブな感情」に切り替える方法を学ぶと、日々の充実度が変わってきます。

世界はバランスでできています。
それを意識して、「今、バランスが偏ってるな」と気づけば
あなたが日々に感じる感情も変わってきます。

だからもし、あなたが今、
「苦しい」「悲しい」「つまらない」「やる気が出ない」
などのネガティブな感情が多いな、と感じているなら、
自分に問いかけてみてください。

「今日私は、どうすればもっと幸せな気持ちを感じて過ごせるだろう?」

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

やる気と集中力を上げるために

最近、ノマド生活者が増えて、どこのカフェに行っても人で一杯・・ 作業に集中したいのに、場所がない・・ だったら、どこでもカフェ気分になれる方法を考えよう!   ・・ということで カフェ気分で集中できる …

目的地への旅

「希望に満ちて旅行することは、目的地にたどり着くことより良いことである」 (スティーヴンソン:英国の小説家) 人が列車に乗る時は、必ず目的地がある。 でも、人生という列車には「目的地」が分からず 乗っ …

ポジティブ(幸せ)な感情を増やすメリットとは?

「やろうと思っていても、なかなか始められない」 「やり始めたけれど、すぐやめてしまった」 新しい習慣を始めるときに、よくそんな話を聞きます。 そんなときは 「新しい行動を増やそう」とするよりも 「普段 …

今を生きる

『未来とは、今である』 (マーガレット・ミード) 「今を生きる」という名作映画がありました。 僕が大好きな俳優、 ロビン・ウィリアムズの名演が光る映画でした。 そこでの名言を少しご紹介します。 「今日 …

人間万事塞翁が馬

僕の父は70代半ばですが、鹿児島県生まれで、いわゆる亭主関白。そんな家庭で僕は育ちました。 いつも口数が少なくて、口を開いても厳しいことばかり。子供にとっては近寄りがたい存在でした。 父とはまともに人 …